【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が国家科学院を視察したと報じた。1日に「新年の辞」を発表した後、これが今年最初の視察報道となる。

 金委員長は革命事蹟館や科学展示館を見て回った後、「国家科学院は自力自強の里」としながら、科学技術の発展に注力することで、試練の中でも戦略的地位が強化されているとした。さらに、「自立した民族経済の土台があり、われわれが育成した科学技術力と(科学者の)明晰な頭脳があるため、敵が10年、100年制裁しようとも、突破できない難関はない」と主張。科学研究部門への投資拡大に意欲を示した。