ポルシェ・マカン

写真拡大 (全5枚)

ポルシェは1月11日、2017年の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は、過去最高の24万6375台。前年比は4%増と、7年連続で販売記録を更新した。

単一国の最量販市場には、引き続き米国を上回った中国が君臨。2017年は、前年比10%増の7万1508台を販売した。米国は、2%増の5万5420台。アジア太平洋、アフリカ、中東は、合計で6%増の9万8399台。

また、欧州は前年比2%増の8万0262台と、前年超えを維持。一方、地元ドイツは2万8317台。前年比は3%減と、マイナスに転じた。

車種別では、SUVの『マカン』の人気が高く、前年に対して2%増の9万7000台以上を販売。『911』シリーズは、1.3%減のおよそ3万2000台と後退した。『718ボクスター』と『718ケイマン』は、合計でおよそ2万5000台を売り上げ、前年比は6%増。新型『パナメーラ』は、83%増のおよそ2万8000台と伸びている。 《レスポンス 森脇稔》