トヨタ自動車が1月11日、国内における「C-HR」の2017年累計販売台数が117,299台となり、SUVの販売台数で1位になったと発表しました。

同社が「デザイン」と「走り」にこだわって開発したモデルで、2016年12月に発売。スピード感のあるキャビン形状、ダイヤモンドをモチーフに強く絞り込んだボディなど個性的なデザインを採用。

TNGAによる新プラットフォームや低重心パッケージなどにより、優れた走行性能を実現するとともに、HVモデルではクラストップレベルの低燃費(30.2km/L)を実現しています。

昨年8月にはツートーンカラー仕様を追加、さらに11月にシーケンシャルターンランプを装備した特別仕様車を設定したことも販売増の要因になっているようです。

ちなみに、全てのカテゴリーで年間販売トップとなったのは同社の「プリウス(160,912台)」、2位は日産「ノート(138,905台)」、3位はトヨタ「アクア(131,615台)」、4位が「C-HR」、5位がホンダ「フリード(104,405台)」の順となっています。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

【フランクフルトモーターショー2017】トヨタ・C-HRのホットバージョンが登場!
https://clicccar.com/2017/09/17/511853/

トヨタ初の量産EVは「C-HR」ベース。2022年に本格EV投入か?
https://clicccar.com/2017/07/29/496525/

新型SUV・トヨタ C-HRに、TRD/モデリスタ仕様登場!
https://clicccar.com/2016/12/11/425142/

トヨタ「C-HR」が2017年のSUV年間新車販売台数でTOPに!(http://clicccar.com/2018/01/12/547770/)