10日、封面新聞によると、英国を旅行中の中国人女性の行方が分からなくなっている。資料写真。

写真拡大

2018年1月10日、封面新聞によると、英国を旅行中の中国人女性の行方が分からなくなっている。

記事によると、行方が分からなくなっているのは26歳の徐思融(シュー・スーロン)さん。徐さんは現地時間9日午後2時45分、スコットランドのグラスゴー・セントラル駅で交際相手の男性を見送った後、同4時30分ごろにチャットアプリ微信(WeChat)で友人に宛てて、泣き顔の絵文字3つと「救我(助けて)」のメッセージを送っており、それ以降、連絡が途絶えたという。

徐さんはグラスゴー大学の卒業生で、卒業1周年にあたる昨年9月ごろから長期旅行で現地を訪れていた。親族によると、徐さんは1月中に帰国する予定で、前日には中国に送る荷物をまとめていた。現地の友人である王(ワン)さんも、徐さんが帰国準備をしていたことを証言し、「行方が分からなくなった9日は、ちょうど彼女の26歳の誕生日だった」と話しているという。

現在、徐さんの友人や家族らからの通報を受けた現地の警察が捜査に乗り出しているという。(翻訳・編集/北田)