事件当時、雪印の商品が店頭から消えた(時事通信フォト)

写真拡大

 企業の歩みには輝かしい成功だけでなく思い出したくない失敗もある。そんな「負の歴史」と向き合い、社史に克明に記す企業もある。

 2000年に集団食中毒事件、2002年に子会社による牛肉偽装事件を引き起こした雪印乳業は、解体と再編を経て2011年に雪印メグミルクとなったが、2016年には『雪印乳業史 第七巻』を刊行。雪印乳業としての最後の社史では、実に110ページ以上にわたって2つの事件を振り返っている。

 大阪工場製造の低脂肪乳などで1万3000人以上の食中毒被害者を生み出した事件について、日時を丹念に追って記録。原因となった工場の衛生上の問題点などを詳細に記し、次のように記述する。

〈食中毒事件を大きくした原因の一つとして、各方面から初期動作の誤りが指摘された。その中でも問題となったのは情報開示の遅れと報道対応のまずさであった〉

 として、〈謝罪と原因説明の社長会見で、あいまいな情報を事実確認せずに発表したため、後日事実が2転3転したことは当社の信用を大きく失墜させ、また、担当者が発表したことを社長が知らなかったことから、社内の連絡体制の悪さを露呈した〉

 なお、この会見(2000年7月4日)後に当時の社長が「私は寝てないんだよ」と吐き捨てたことが火に油を注いだ。

 社史では〈役員など幹部の不用意な発言が繰り返されたことなどにより、メディアの批判が一気に拡大し、当社への不信と社会の不安を一層増幅させる結果となった〉と振り返っている。

 また牛肉偽装事件についても〈BSE(狂牛病)問題が追い討ちを掛けたため、経営状況を何とか好転させようとして苦し紛れにこの不正事件を起こした〉と手厳しい。

 社史編纂委員会事務局長としてまとめた矢後博邦氏(現・同社健康保険組合常務理事)は、その意図についてこう語る。

「あのような事件を二度と繰り返さないという思いで、反省と教訓を形として残すことが主眼でした。執筆は事務局のメンバーで分担したのですが、当時のいろいろな感情が思い起こされる中、主観的な表現は極力避け、淡々と事実に基づく客観的表現で記録することを心がけました」

 暗い過去に正面から向き合うからこそ会社の明るい未来が作られていく。

※週刊ポスト2018年1月12・19日号