日本人にはまだなじみの薄い「乳房」の再建手術だが、その技術は進化している(撮影:尾形文繁)

乳がんの発覚後、がんの進行状況によって、あるいは、再発を防ぐために乳房を全摘出する人は少なくないが、最近は乳房を「再建」する手術を受ける人も増えている。
2016年10月に乳がんが発覚した起業家の川崎貴子氏も、友人のアドバイスを受けて、右乳房の全摘手術と同時に、乳房を再建する手術を受けた。自らの乳房に未練はなかったと、乳がん体験記『我がおっぱいに未練なし』につづっている川崎氏が、再建を決めた理由は何だったのか。そして、「新しい乳房」の感触は。
乳がん発覚後の生活の変化などについて語ってもらった前編(「乳房と別れを告げた女性」が選んだ生き方)に続き、乳房再建に積極的に取り組むセルポートクリニック横浜院長で医学博士の辻直子氏との対談後編をお届けする。
(記事後半に、乳房再生前後の画像が出てきます。抵抗感がある方は、閲覧をお控えください)

乳房再建は地域格差が大きい

川崎貴子氏(以下、川崎):右乳房の全摘手術を受けるのと同時に、皮膚を伸ばすためのティッシュエキスパンダー(組織拡張器)を入れる再建の事前処置を受けました。再建については、私が子どものころ、乳がんで全摘手術を受けたおばの術後を見てショックを受けたことと、まだ次女が5歳と小さいので、プールや温泉に一緒に行く機会も多いと思ったから。

術後、おっぱいの傷はひどかったですが膨らみはあったし、半年後にはシリコンバッグを入れたので子どもたちはすぐに慣れましたね。

――今、再建率はどのくらいですか。

辻直子氏(以下、辻):昔よりは上がってきていますが、温存も含めた全乳がん患者のうち11〜12%くらい。

川崎:思った以上に低いですね。

:まだ低いですね。ただ、全乳がん患者の6割は温存しているので、変形が目立たない方は再建しません。温存でもかなり凹んでしまった方や全摘の場合に検討するということになりますが、再建する医者がいる地域とあまりいない地域、情報が行きわたっている地域といない地域がありまして。東京や神奈川あたりだと再建率は10%以上になりますが、四国だと1%以下。かなり格差があります。

川崎:私の場合は、同じ病院内で、がんを摘出する外科の先生と、乳房を再建する形成の先生が連携を取ってくれました。

:そういう病院はすごく少ないので、患者さんはよほど調べないとわからないんですよ。乳がん患者が最も多い50代からそれ以上になるとインターネットが苦手だという方も増えますから、情報源は新聞や医療ムックなどに限られます。もっとテレビなどで広まればいいんですが。

「再建はぜいたく」と考える人も


川崎 貴子(かわさき たかこ)/1972年生まれ。埼玉県出身。リントス代表取締役。1997年にジョヤンテを設立後、女性に特化した人材紹介業、教育事業、女性活用コンサルティング事業を展開。女性誌での執筆活動や講演多数。現在はninoya取締役、およびベランダ取締役として、共働き推奨の婚活サイト「キャリ婚」を立ち上げ、婚活結社「魔女のサバト」も主宰。「女性マネジメントのプロ」「黒魔女」の異名を取る(撮影:尾形文繁)

川崎:私も最初に検査したクリニックでは、外科手術ができるところの紹介ばかりで、再建については全然。まず、がんを取ることが先決だから当然なんですが。

:年配の方の中には「再建はぜいたくだ」という意識がハードルになっている方もいますね。保険が適用されるとはいえおカネがかかるし、何回か手術しなければならないので。本来はQOLを高めるために必要なことなんですが。

川崎:生死に関わらないと二の次になってしまうんでしょうね。私は友人が書いた乳がんの闘病記(土屋美樹著『はじめての乳がん』)を読んで同時に再建できることを知っていたけれど、そうでなければ、外科手術が終わって、形成できる病院を調べて……ああ、気が遠くなるな。

:再建はガッツがいりますよね。やはり同時にスタートするのが、モチベーションを保ちやすい。同時のほうが、エキスパンダーを入れる分の手術が1回減らせますし、スタートが早い分できあがりも早い。

同時再建には2パターンあり、1つは、川崎さんのようにエキスパンダーを入れて、6カ月後以降にインプラントを入れる方法。もう1つは、がん摘出手術から再建手術まで一度に終わらせてしまう方法です。がん摘出してお腹などの組織を移植する。手術は1回で済みますが10時間以上かかる大掛かりな手術です。

なので、今「同時再建」というと、川崎さんのようなエキスパンダーからインプラント、またはお腹の組織を移植する方法が一般的です。乳頭は、胸の形ができてから3カ月以上おいて最後に行います。

――再建後の不便は?

川崎:なかったですね。傷も慣れるだけじゃなくて愛着もわくんですよ。「物語のあるおっぱいになってきたな」みたいな(笑)。

:エキスパンダーを入れずに全摘したままだと、ブラジャーがずれる、気のせいもあるのかもしれないですけど、バランスが悪くなって肩こりがひどくなったという方がいます。

今ではバーベルを上げられるほどに

川崎:手術直後は、切り傷が痛くて腕が上がらなかった。それなのに「太ると再発の可能性が高くなるから動いて、腕も動かして」と言われて「とんでもない!」みたいな(笑)。でも、2、3週間経つと全然大丈夫。今なんかバーベルを上げてますよ。


:リハビリをがんばれる方は上がるようになるんですが、怖がって動かさないといつまでも違和感が残るようですね。再建後の不便な点としては、インプラントがあるためうつぶせ寝ができないとか、ワイヤー入りのブラジャーで寄せて上げることができないとか。デコルテに少し凹みが残って、胸が開いた服が気になるという方は多い。そのくらいです。

川崎:乳首は最後になるんですが、「なくてもいいかな」と思っていたんです。

:ない方は多いですね。

川崎:反対側の乳首を切って移植、乳輪は色素が濃い部分の皮膚を身体から探して移植するからまた2、3カ所切ることになる。それが一番安くて簡単なコース。「そこまでしてどうするの?」というのもあるじゃないですか。すでに、ジムの着替えやサウナでは乳首なしで出しっぱなしですし。

でも、もっとおっぱいをキレイにできるんだと思ったら、「おもしろい、受けてみたいな」と思って。もっと前向きにおっぱいに向かい合えるかな、と。実際に作ってみると確かに綺麗になるし、作り物だから自分のものという自覚が希薄で……。今日もさっき先生にさっそく見せました。

:「えっ、ここで?」って(笑)。友達に見せて触らせる方は結構多いですね。

川崎:手術は局所麻酔だったので、先生たちの話を聞いていておもしろかったです。流れ作業みたいになっていて、「乳首って作れるんだ」と医療の進歩に感激しました。

お風呂で二度見されなくなる

:植皮のほかに、入れ墨で皮膚に直接色を付けるパターンもあります。いずれにしてもやはり作り物なので、よく見ると少し違う。でもパッと見、あるとないというのは全然違いますね。ないと、お風呂などで二度見されるという方が多い。

川崎:私、二度見された覚えがないんですよ。もしかしたら見られていたかもしれないけど、気が付かなかった。ただ、私と同じおっぱいの女性を私は温泉でもプールでも見たことがないので、やっぱり二度目されたりするのを気にしているのだろうと思います。

:乳頭まで再建していても、温泉やジムには行きたくないという方も半数ほどいます。本人の気持ち次第かもしれません。

――再建技術はずいぶん進歩しているのですね。


シリコンインプラントによる再建例(セルポートクリニック横浜提供)

:この30年ほどで段階的に技術が進歩してきました。かつてはお腹の組織を入れる方法しかなかったので大掛かりでしたが、インプラントで簡単にできるようになったのが十数年前。その方式が保険適用になったのが2014年。脂肪を吸引して入れる方法も5〜10年ほどの間でよく行われるようになりました。

お腹の組織を入れると保険適用で約30万円、入院期間は2週間〜1カ月ほど。インプラントもやはり20万〜30万円ほどで入院は3日〜1週間。脂肪注入は保険がきかないので、40万〜100万円以上かかる場合もあります。入院せず日帰りか、長くても2、3日程度。乳頭は日帰りで可能です。

再建のメリットは、下着や洋服が着やすい、気兼ねなく温泉や旅行に行ける。そして、やはり心の問題です。自分は欠けている、隠さなければいけないという気持ちがなくなり、自信が戻った、前向きになったという方が多いですね。


川崎:私はそもそも貧乳だったので、あまり思い入れがなかったというか。また、半年以上付き合うと慣れてしまって「乳首なしおっぱいのほうがおもしくね?」という感じだったのですが、できあがってみて改めて「やっぱりあった方がいい」「なんかしっくりくる」に変わったんですね。

慣れたと思い込んでいたけれど、「こっち側は乳首がないって、どこかで脳は意識してたんだな」と気づいた。「我がおっぱいに未練なし」と言っている私ですらそうなので、おっぱいっておもしろい場所ですよね。

:こだわりの程度はそれぞれですが、それぞれの理由があっていいと思いますね。

――全摘出だと再発率はかなり下がりますか。

:局所再発の確率は低くなります。ただ、転移は、全摘・温存関係なくあるので気をつけなければなりません。川崎さんのように術後のホルモン療法を受けている方は、3カ月に1度程度通院が続きますし、そうでない方も半年に1度、1年に1度の検査が10年ほど続きます。反対側の検診も。

日本の乳がん検診率は2、3割程度

川崎:今、乳腺外来、めちゃめちゃ混んでいますよ。いいことですが。

:乳がんの患者さんは増えているので。自分でしこりを見つけた方は大学病院にいきなり行かず、近くのクリニックでまず検査したほうがいいですね。それから、年に1度は検診も受けましょう。日本は検診率が2、3割程度とまだ低い。北欧だと80%以上検診しているんですが。

川崎:この検診率の低さは意外です。私の会社では、30歳以上はみんなに義務付けました。ただ、私自身がここ3年ほど本当に忙しすぎて、検査の時間は無駄に思えてしまって……。たまたまステージ2で済んでましたけど。転移していたかも、もっと進行していたかもと思うと、検査の大切さが身に染みました。本当に、みなさんに検査してほしいと思います。