子どもに無意識にかけているプレッシャーが、不合格につながるかもしれません(写真:IYO / PIXTA)

あけましておめでとうございます。皆さまはどんな年明けだったでしょうか。私は久々の寝正月。連日スーパー銭湯に通うというブルジョワぶりを見せつけていました。長い長い仕事人生の中では、こうしたまとまった息抜きの時間は貴重です。

でも、中学や高校、大学受験を控えた学生はこうはいきません。

とりわけ、今週末1月13日、14日に予定されているセンター試験を控えた大学受験生は、戦々恐々として今年を迎えたことでしょう。

思い返せば18年前。私も自分の部屋のこたつにかじりついて大好きな過去問を解いてセンター試験対策をしていたことを思い出します。もちろんセンター試験ですべてが決まるわけではありませんが、しょっぱなに行われるものであり、「絶対に負けられない戦いがここにはある」という心境でみんな臨んでいます。

いつもはそんな受験生の方に勉強法を伝授している私ですが、今回は受験生を子どもに持つ親が子どもにかけるべき言葉についてお伝えしましょう。

この時期の受験生の心境は、ひとことで言えば、「期待」と「不安」がごちゃまぜになった状態です。明るい未来を夢見る隣で、つねに失敗の恐怖におびえています。失敗をしないために勉強を重ねていくのですが、不思議なことに勉強をすればするほど、失敗の恐怖が胸を覆ってくるものなのです。

親が受験生に対してできること、それは、この増大する失敗の恐怖、不安を最小化してあげること、これに尽きます。不安を最小化することで期待に胸が膨らんでいくことにもなります。

受験生の不安の中身とは?

では、不安というのは何に対する不安なのでしょうか。これは、大きく分けて「本番の試験そのもので失敗するのではないか」という不安と「本番で失敗した後にとんでもない暗い未来が待っているのではないか」という不安の2つに分かれます。

まず、本番の試験そのもので失敗するのではないか、という不安は、具体的には「周りの受験生は自分より勉強しているのではないか、頭がいいのではないか」という考えが頭をもたげ、結果的に自分の実力が発揮できない、という失敗につながります。また、「こんな勉強量でいいのか、本番で知らない問題が出たらどうするのか」という不安もあります。

こんなときに、絶対にやってはいけないことは、押し付けです。

「俺のときはこんなに勉強した。今のセンター試験は楽になった」
「みんなこの時期は必死に勉強しているから、もっとやったほうがいいぞ」

といった、「もっと勉強しろ」プレッシャーをかけることはNGです。受験生は馬鹿ではありません。自分がどの程度勉強してきたか、自分の実力がどの程度か、ということは実はほとんどの受験生がわかっています。そんな受験生の傷に塩を塗るようなことを、親がやってはいけません。

むしろ親がやるべきは、無条件の受容です。

「◯◯くんなら普通に受かる」
「◯◯くんが落ちるならそんな大学行くことない」

これくらいの、親バカともいえる受容をしてもらえると、受験生としては心が安らぎます。勉強しろプレッシャーなんてものは、受験仲間や塾から、十二分に受け続けているのですから、家はつかの間のオアシスにするべきなのです。

前にも言いましたが、私は、開成受験の前夜に、母親から、「あなたなら失敗しても真ん中くらいで受かるわよ」と言われたのを今でも覚えています。母親が受験生の中での私の位置を細かく分析していたわけではなく、単に自信を持って送り出してやろうと思った、というだけのことです。根拠などなくてもいいのです。こうした無条件の受容によって、変なプレッシャーから人は解放されるのです。

不合格で人生が左右される不安には?

また、失敗した後にとんでもないことになるのではないか、という不安は、万が一、第1志望に落ちたら、自分の人生は真っ暗なのではないか、というもの。これが健全な危機感であるうちは特に問題はなく、むしろ勉強のモチベーションを維持することにつながりますが、過度に失敗を不安に思うことで、普段の勉強に気持ちが入らなくなり、本番でもやる気を失ってしまう、ということになりかねません。

正直な話、大学受験に失敗したからといって、人生の勝ち負けが決まるわけではありません。これはどんな試験についても言えることです。いい大学に入って、大企業に終身雇用で勤めて、マイホームを持って、という従来型の幸せの構図、エリートの人生はすでに崩れていることは皆さんご存じのとおりです。

大学受験に成功していい大学に入っても将来が保証されるわけではないですし、逆を言えば失敗したからといって失敗が決定付けられるわけではないのです。こうしたことは、大人になった今でこそわかることです。

でも、受験生は、「志望校に受かる」ということだけが目的になっていますので、視野が非常に狭いです。目標に集中するという意味ではプラスの面もあるのですが、足元だけ見ていてはつまずいてしまいます。親としては、別の視点を与えてあげることが重要です。

「勉強したことそれ自体がすばらしいのだ。結果はコントロールできないから気にするな」
「志望校に受かったほうがいいけど、◯◯くんの価値はそれで決まらないから、気軽に受けてみなよ」

こういった言葉をかけることで励みになります。

「受からないと落ちこぼれだ」などと言えば、変なプレッシャーが増大するだけで、プラスの効果など何もありません。親の考えの押し付けはここでもNGなのです。

試験後の慰労が子どもにとってのスーパー銭湯

こうした言葉をかけても、不安がゼロになることはありません。まじめに勉強をしてきた受験生ほど、試験当日は落ちる不安に駆られることでしょう。そんなとき、親としては、いつもどおり、気持ちよく送り出してやりましょう。気合を入れて朝からカツ丼など食べさせてはリズムが狂ってしまいますのでいつもどおりが吉です。

「試験終わったら◯◯行こう」「お疲れ様で◯◯買ってあげる」といった形で、全力で取り組んだことを慰労してあげる姿勢を見せることが、オアシス、否、子どもにとってのスーパー銭湯としての親の責務でしょう。皆さまのお子さんが今年の受験に成功されることを祈っています。