バレンシア、アーセナルからMFコクランを完全移籍で獲得!

写真拡大

▽バレンシアは11日、アーセナルからフランス人MFフランシス・コクラン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年半となり、契約解除金は8000万ユーロ(約107億4000万円)となる。

▽なお、イギリス『BBC』の伝えるところによれば、移籍金は1200万ポンド(約18億1000万円)となる模様だ。

▽2008年に母国フランスのラヴァルからアーセナルに加入したコクランは、2008-09シーズンのリーグカップでトップチームデビュー。その後はロリアンやフライブルクにレンタル移籍するなど、なかなかトップチームに定着できずにいたが、2014-15シーズンから本職の守備的MFに加えサイドバック、センターバックをこなすユーティリティ性を武器に出場機会を確保。アーセナルではここまで公式戦160試合に出場していた。

▽今季ここまでは公式戦13試合に出場していたものの、あくまで主力としての立場にこだわるコクランは、今冬の移籍市場でバレンシアに旅立つ決断をした。