「活躍しないとプロになった意味がない」トップ昇格のDF橋岡大樹、開幕スタメンの座も狙う

写真拡大

▽浦和レッズは11日に新体制発表会を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。

▽DF橋岡大樹が会見終了後、メディア陣による囲み取材に応対し、プロのスタートラインに立ちつつも「活躍しないとプロになった意味がない」と主張。「開幕スタメンも狙っていきたい」とレギュラー奪取に意気込んだ。

◆DF橋岡大樹(浦和レッズ)

──ユースからの昇格だが

「自分がトップチーム、この大きなビッククラブの一員になれたことを誇りに思います。その中で活躍しないとプロになった意味がありません。このクラブで活躍して上に行けるように頑張りたいです」

──4バックではどのポジションで勝負したいか

「ユースでもセンターバックをやっていましたけど、サイドバックもできるのでそのどちらかで勝負したいです」

──守備のユーティリティプレーヤーとして参考にしている選手は

「やはり槙野(智章)さんは、センターバックもサイドバックもできますし、レッズでもそういう両方できる選手になりたいです」

──2種登録選手としてプレーして変わったことは

「レッズは練習の時から凄いなと思っていましたし、セレッソ大阪とルヴァンカップで対戦して自分が勝っていると思っていた部分で勝てないことを思い知らされました。プロで活躍するためにそういう部分を当たり前のようにできるようにならなくてはいけないです」

「必死に努力して1日でも早くレギュラーの座を掴むことを目指してやっていきたいですし、キャンプからアピールして開幕スタメンも狙っていきたいです」