「1年前までは試合に出ることもできなかった」トップ昇格のDF荻原拓也、ユース時代を回想

写真拡大

▽浦和レッズは11日に新体制発表会を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。

▽DF荻原拓也が会見終了後、メディア陣による囲み取材に応対。ユース時代を振り返りながらトップ昇格への喜びを語った。

◆DF荻原拓也(浦和レッズ)

──トップ昇格となったが

「自分の場合はトップへの上がり方が稀で、僕は1年前まではユースで試合に出ることもできませんでした。去年の1年間で大きく成長でき、プロのスタートラインに立つことができてすごく嬉しいです」

──トップチームとの距離感は

「ユースに入った時は壁を感じていました。自分の立ち位置をしっかりと知った中でトップとの距離感を感じながら、1つずつ小さな目標をクリアして近づくことができました。こういう形でトップ昇格できて嬉しいです」

──憧れの選手は

「タイプは違いますけど、マルセロ選手ですね。攻撃参加という部分で攻撃に加えるパワーを参考にしています」

──左足の精度について

「左足のキックは自分の武器なので、これからも磨いて誰にも負けないようにしたいです」

──浦和レッズには同じ左利きのMF柏木陽介がいるが

「球質とかは違うと思いますけど、負けないように頑張りたいです」

──チームに左サイドバックが少ないのは期待もあるからだと思うが

「人数も少ないですけど、いつチャンスが来るかわからないのでチャンスが来た時にしっかりと掴めるように頑張りたいです」