政府専用機から金属パネルを紛失 飛行中に落下した可能性

ざっくり言うと

  • 政府専用機から右主翼とエンジンを結合する部分の金属製パネルが紛失した
  • パネルは縦20センチ、横38センチ、厚さ2ミリの楕円形で、重さ約500グラム
  • 羽田から新千歳空港間を飛行中に落下した可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング