@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

ポルシェ 2017年度のセールスは、24万台以上

ポルシェAGは、2017年度に、全世界で約24万6000台の車両を顧客に販売した。

この数字は、2016年度と比較して4%の増加となり、ポルシェにとっての新記録だ。新型パナメーラの需要は世界中で高く、前年度比83%プラスの2万8000台をデリバリーしたという。


セールスおよびマーケティング担当取締役のデトレフ・フォン・プラテンは、次のように語っている。「パナメーラのプラグイン・ハイブリッドモデルが、顧客から好意的に受け入れられている事実は、われわれの商品戦略が正しいことを証明しています。トップモデルのターボS Eハイブリッドは、ハイパフォーマンスと高効率を両立することが可能であると明確に示し、新たなベンチマークを打ち立てました。優れたプロダクト、そしてヨーロッパ、アジア、アメリカにおける力強い業績は、われわれを良いポジションへ導いています」
 

モデル別の販売台数は? トップはマカン


パナメーラにくわえ、ミッドシップスポーツカーの718ケイマンおよび718ボクスターの販売台数も大きな伸びを見せ、世界中で前年比プラス6%の2万5000台となった。911は、3万2000台以上を世界中の顧客にデリバリー。2017年度もポルシェにおけるベストセラーはマカンで、販売台数は9万7000台以上(前年比+2%)を記録した。


また、中国は前年比10%の7万1000台以上を販売し、3年連続で世界最大の単一マーケットとなった。米国とヨーロッパ(ともに前年比+2%)も昨年度の成功に寄与。本国ドイツの販売台数は2016年度にわずかに及ばず約2万8400台だった。


「2018年度は米国、そして中国という重要なマーケットへ新型カイエンが導入されるため、大きな成長を見込んでいます。われわれのブランドがもつ高いエクスクルーシビティを維持することが、将来における最も大きな課題です。2018年度の目標は2017年度と同等の高いレベルの業績を保つことです」とフォン・プラテンはコメントしている。