2007年1月9日に初代iPhoneが発表されてから今年で11年になります。これまで発売されたiPhoneのモデル数は、最新のフラグシップ機であるiPhone Xを合わせて18に上りますが、中には希少価値があるとして収集され始めているモデルもあるようです。

iPhoneが刻む歴史と希少価値

初代iPhoneは、画素数320 x 480ピクセルのスクリーン、重量わずか135g、高速インターネット(2G)を搭載と、発表当時はまるで夢のようなデバイスでした。
 
あれから11年が経ち、フラグシップ機のiPhone Xが新機能のFace IDやTrueDepthカメラで世間を賑わせていますが、中には古いiPhoneモデルに希少価値を見出し、オークションサイトで高値で取引する人々も出てきているようです。
 
Business Insiderによると、古いiPhoneはeBayで最大6,700ユーロ(約89.38万円)の価値がつけられることがあるとのことです。
 
同メディアは、eBayで希少なiPhoneモデルを出品している店舗への取材に成功し、取引の詳細を調査しました。

箱があると値段が段違いに上がる?

オークションサイトeBayで、古いiPhoneモデルの販売を行なうMobileshop24を運営するワイド・モハマディ氏は、Business Insiderの取材に対し、平均で初代iPhoneは1ヶ月に1台売れており、購入者の99%が収集家であることを明かしました。
 

eBay


 
モハマディ氏によれば、デバイスの価格はその状態次第だとのことです。例えば、使用済みiPhoneで傷が多くあり、アクセサリが一部欠けている場合などは100ユーロ(約13,333円)以上の高値は望めないといわれています。
 
しかしながら、箱が残っていたり保護シートがついている場合は値段が段違いに上がることもあるようです。例えば、新品開封済みの場合、1,500ユーロ(約20万円)で売れることもあるとのことです。
 
未開封の場合は、さらに値段が上がり、5,000〜10,000ユーロ(約66.7万円〜133万円)の値がつけられることもあるといわれています。
 

eBay


 
モハマディ氏によれば、ストレージ容量の大きさも販売価格を決める重要な要素であるとのことで、希少価値のあるとされる4GBのストレージ搭載のiPhoneは、8GBや16GBの3倍の値段に達することもあるそうです。
 
 
Source:Business Insider
Photo:Dan Taylor/Wikimedia
(lexi)