ビッグマッチが待望される井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

ファンが渇望する井上のカードは…WBC世界王者ソールンビサイとの統一戦

 2017年のボクシング界は、無敵の5階級王者フロイド・メイウェザー(米国)が総合格闘家で「UFC」2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)を破って50連勝を飾るなど、様々なビッグマッチが盛り上がりを見せた。ボクシングの本場ラスベガスの地元紙は、2018年のボクシングファン待望の10試合を特集。バンタム級転向を明言しているWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)も選出されている。

「2018年にボクシング界が目撃したい10試合」と特集したのは、米紙「ラスベガス・レビュー・ジャーナル」だった。

 10位に登場したのが「Monster」の異名で知られる井上だ。待ち望まれるのは、WBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)との統一戦だった。

「ボクシングの世界ではソールンビサイという名前が出てくる以前は、115ポンド(スーパーフライ級)での最高のマッチアップと言えば、イノウエ対ローマン・チョコラティート・ゴンサレスだった。この戦いは2017年にソールンビサイがゴンサレス相手に2勝を挙げ、表舞台に躍り出たために行われないだろう」

 記事では、このように触れられている。ソールンビサイが一躍名を挙げたのが、「ロマゴン」の愛称で知られるニカラグアの英雄との2度の対決だ。2017年3月にゴンサレスが持つ王座に挑戦し、低い下馬評を覆して判定勝ちでWBCのベルトを奪った。その6か月後に再戦でも4回KOで返り討ち。一躍、スーパーフライ級戦線のトップに躍り出た。

正式にバンタム級転向となれば、実現は当面お預けに…

 一方で記事では、「日本の高度なスキルを誇るテクニシャン、イノウエはタイ出身の頑強なボクサー相手にトラブルに直面するかもしれない」とも言及。対戦相手が見つからないほどの強さを誇るとはいえ、ソールンビサイとの統一戦は簡単なものにはならないだろうと触れている。

 ソールンビサイは今年2月24日、米カリフォルニア州で行われる「Superfly2」のメインイベントでフアン・カルロス・エストラーダ(メキシコ)と防衛戦を行うことが決まっている。

 井上も「Superfly2」参戦を切望していたが統一戦は実現せず、バンタム級転向を示唆した経緯があった。同カードが実現するとしても、ソールンビサイが将来的に階級を上げてからのことになる。

 ちなみに、今回のランキング上位は3位がWBA・WBC世界ウエルター級スーパー王者キース・サーマン(米国)とIBF同級王者エロール・スペンス・ジュニア(米国)の一戦、2位にはWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)対WBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米国)。そして1位には、WBCヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)対WBA・IBF同級王者アンソニー・ジョシュア(英国)が輝いた。

 今回の格付け企画に選出された日本人ボクサーは井上のみ。その一挙手一投足が世界中のボクシングファンから注目を集めている。(THE ANSWER編集部)