久々に築地市場を覆面調査!移転問題に揺れる築地市場。すぐに移転しなさそうな今のうちに場内の名店に行っておくべし。そこで、久々に築地市場へ覆面調査を決行。観光客が増えた今でもブレずに旨い寿司を提供する店はココだ!

本誌が以前、高評価した店を、ライター・菜々山と編集・戎で覆面調査。
変わらぬクオリティで、キチンと味を守っている店をご紹介。

10月のとある月曜日の朝6時過ぎ、ライター・菜々山は築地市場にいた。場内でも随一の行列を作る『寿司大』に行くためだ。
最後尾を探すと、そっけなく立て看板が置かれていた。

菜「『本日の受付は終了しました』ってどういうコト!?」

事前に店に電話で確認したところ、「月曜なら7時くらいまでに並んでいただければ、通常は入れます。お約束はできませんが」と言われていたのだ。その時点で「ハイ?」と耳を疑ったけどね。

だって2014年に覆面調査した時には、14時が受付終了(水曜以外)。
その直前に並びはじめ、店に入れたのが2時間40分後のこと(ちなみに2012年の調査時は1時間45分後)。

やっと席に座れたときには、慰労困憊していたものだが、今は4時間近くかかるらしい。

この店の寿司の美味しさは認めるが、もはやここまでくると正気の沙汰ではないと言えるだろう。
と、そこへ埼玉から始発でやってきた、編集・戎氏が合流。

事の次第を伝えると、
戎「マジっすか。始発でも間に合わないって、一体何時に来れば……」

最後尾にいた女性に訊ねてみたら、
「Just before 6 o'clock(6時少し前)」

と教えてくれた。

そう、驚くのが、並んでいる客の約9割が外国人観光客なのだ。場内にある他の寿司店でも外国人客が大半で日本人は少数派。

いつも空いていたハズのサエない店でも客が列をなしているのだ。

戎「そんなに並んでいなくて、ウマい店ってないんですか?」

菜「あるよ」

何度も全店覆面調査をしている場内マスター・菜々山におまかせあれ、と連れて行ったのが『寿司処やまざき』だ。

戎「4組待ちか。これならそんなに待たなくてすみそうです」

写真:菊 3900円の一部の天然ブリ

並んでいると女将さんがお茶を振る舞ってくれた。こういうちょっとした心遣いがうれしいものです。
20分ほど待って席に着く。

職人さんが客の食べるペースにあわせ、1貫ずつ出してくれる寿司はどれも絶品。

塩で食べさせるウニの甘いことと言ったら!「お銚子1本くださーい」ってつい出ちゃいます。
まだ朝7時だけど。

戎「めちゃくちゃウマいじゃないですか!なんで他の店より空いているんですか?」

さあ?

私もここは場内でも3本の指に入る実力があると思う。
ただ、『寿司大』と『大和寿司』という、2大行列店に挟まれているから、目立たないのかもね。


この日はこれにて終了。通勤ラッシュになる前の電車で帰宅した。



さて別の日、再び場内に集合した我らふたり。

私が早起きはもうムリと言い張ったため、11時半に待ち合わせ、向かったのが『龍寿司』。

菜「ラッキー。空いてる」

出典: https://matomeshi.jp/articles/2166

写真:蘭 3500円の一部

「蘭」は握り7貫と巻物がつく。

出典: matomeshi.jp

食事時にも関わらず、待ち時間ゼロなばかりか、客は他に日本人が3人しかいない。
この店がある1号館は、メインの飲食店街からちょっとハズれた場所にあるので、観光客があまり来ないのだ。
特にこの店は外国人客を取り込もうとする商売っ気がないし、ぶっちゃけ職人さんの愛想もない。
しかし、いつもとび切りウマい寿司を食べさせてくれる。

戎「シャリがホロホロってほぐれます」

でしょう!


ここまでふんわりした握りの寿司って、なかなかないし、ネタの質の高さも相当なもの。
何度来ても良い店だなあと改めて思う。



いまや、場内の寿司店でフラリと入れる店はほぼない。テーマパーク並みの混雑ぶりに閉口したのが本音だ。移転したら食べられなくなるかもだが、あえてここで食べなくてもいいのではと思う。それでもというのなら行列覚悟でどうぞ。