清水DFカヌがスパンブリーに完全移籍「プロとしてできることをしました」

写真拡大

▽清水エスパルスは11日、ブラジル人DFカヌ(32)がスパンブリーFC(タイ)に完全移籍することを発表した。

▽カヌは2017シーズンにタイのチョンブリーから清水に完全移籍。2017シーズンはJ1リーグで10試合に出場した。また、リーグカップでは3試合、天皇杯で2試合に出場している。

▽カヌは清水の公式サイトを通じて以下のコメントを残した。

「昨シーズン、清水エスパルスでプレーできたことに感謝しています。私たちにとって本当に厳しいシーズンでした。自分のキャリアでも一番大きなチャレンジでしたが、その中でプロとしてできることをしました。清水エスパルスのフロントスタッフ、チームスタッフ、選手の皆さん本当にありがとうございました。そしてサポーターの皆さん、最後の最後まで応援してくれてありがとうございます。皆さんのおかげでサッカー選手として、人間として成長できたと思います。昨シーズンよりも2018年シーズンがもっと良いシーズンになるように応援しています。1年間ありがとうございました」