【ヒット確実な新製品の「試してわかった」をレポート】

【詳細】他の写真はこちら



プロの目利きたちがいち早くハンズオン! ヒット確実な気になる製品の試してわかったことをすべて教えます。

見る、知る、触れる。子どもと大人が一緒に楽しめるまったく新しい“次世代地球儀”



“日々の生活を楽しくする”オリジナル商品を企画・開発・販売する「ほぼ日」から生まれた「ほぼ日のアースボール」。“もっと地球というものと親しもう”の思いから生まれた、一見アナログながら最先端の機能を有する地球儀だ。スマホをかざせばさまざまな情報にアクセスでき、子供だけでなく大人の知的欲求も満たしてくれる。空気を入れれば直径約27僂竜綢里砲覆蝓▲咫璽船棔璽襪里茲Δ砲睛靴戞空気を抜けば小さく畳め、収納にも困らない。もちろん、インテリアとして飾っておける台座付き。



ほぼ日

おとなとこどもの地球儀

ほぼ日のアースボール

実勢価格:5940円

【SPEC】

サイズ:直径約27

重量:80g

縮尺:1:47,650,000

地勢タイプ:標高差による色分け

表記:日本語(一部英語表記)

アプリ:ほぼ日のアースボール

収納コンテンツ:『世界の国々』『昼の地球と夜の地球』『世界のアイコンを見てみよう』『せかいをはっけん!NHKの映像セレクション』『小学館の図鑑NEO 新版「恐竜」』『おしえてゾウさん』『ぼくの地球わたしの地球』

対応OS:iOS9以上、Android4.4以上

「地球は知らないことだらけ!」触れて楽しい、新感覚の地球儀



子どもの頃は見たり、触ったりして世界に想いを馳せていたのに、いつしかその存在すら忘れていた地球儀。なのに「こんなにワクワクするものだなんて!」と感動を覚えたのが『ほぼ日のアースボール』だ。

これまでの地球儀とはすべてが異なり、ビーチボールのように遊ぶという発想が新しいし、軸(フレーム)がないから左右の回転だけでなく、全方位から国や地域を見られる。何より、アースボールにスマホをかざせばARによって浮かび上がる情報に触れられるのだ。つまり“地球儀”というカテゴリーには属するものの、知を満たしたり、親と子の会話を促したりする、まったく新しいコミュニケーションツールといえる。

かわいいイラストが描かれた箱には、折り畳まれた本体と台座のほか、取り扱い説明書が同梱されているが、難しいことは何もない。本体の、南極位置にある空気注入口から息を吹き込むこと約1分で、直径約27僂離咫璽船棔璽襪完成。



スマホにアプリ『ほぼ日のアースボール』をダウンロードすれば、準備は完了。好きなコンテンツを立ち上げ、地球に向けるだけで、知りたい情報がさまざまな形で目に飛び込んで来る。

現在使えるコンテンツは、全部で7種類。オリジナルもあれば、人気コンテンツをアースボール用に編集した特別バージョンもある。中でも、年甲斐もなく興奮したのが『小学館の図鑑NEO 新版「恐竜」』。地球儀の上に、各大陸で化石が見つかった恐竜がウジャウジャ。三畳紀、ジュラ紀、白亜紀の恐竜が全部で50種類が収録されていて、太古のロマンを感じられる。恐竜をタップすれば、図鑑と同じ情報が表示され「へ〜、なるほど」なんて、ついつい読み込んで全部見たくなる。もちろんほかのコンテンツも魅力的で、旅に出たい衝動に駆られた。

家中どこにでも転がしておけるからこそ、本棚の片隅で眠ることなく、いつでも好きな時に地球と親しめる。こんな楽しいアースボールを知らないなんて、もったいない!

「丸くて、軽くて、柔らかい」からビーチボールのように遊べる!



軸がないからどこにでも置けて“見えない地球”も見えてくる



地図は詳しく、精密で正確! 分かりやすいデザインで見やすい



最新ARを搭載! スマホをかざせば地球の「知らなかった!」が見えてくる



※『デジモノステーション』2018年2月号より抜粋。

関連サイト



ほぼ日のアースボール

text澤村尚徳

photosono(bean)