画像提供:マイナビニュース

写真拡大

シャープは1月11日、スティック型掃除機のヘッド部分にワイパーを装着し、床のゴミを吸い込みながらふき掃除ができるコードレスワイパー掃除機「EC-FW18」を発表した。発売は1月18日。価格はオープンで、推定市場価格は15,000円前後(税別)。

EC-FW18は、本体に備えた「吸う・拭く ラクラクヘッド」に市販のワイパーシート(別売)を装着して使う。床のゴミをノズルで吸い込み、残った汚れをワイパーでふき取る。1台でゴミ吸引とふき掃除を同時に行えるため、たとえば家庭でフローリングを掃除する際、掃除機をかけた後にフローリングワイパーでふき掃除をする手間が省けるとしている。

カラーはピンクとブラックを用意し、本体サイズはW254×H1,020×D120mm、重量は1.3kg。本体のパイプを外してハンディスタイルとして使用することも可能だ。集じん方式はダストボックス式で、容積は0.18L。バッテリーにはニッケル水素電池を採用し、充電時間は約5時間、最長運転時間は約10分。