中国外交部の陸慷報道官は10日の定例記者会見で「日本側がアジア近隣国と国際社会の懸念を直視し、『慰安婦』問題を責任ある姿勢で適切に処理することを希望する」と表明した。

写真拡大

中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は10日の定例記者会見で「日本側がアジア近隣国と国際社会の懸念を直視し、『慰安婦』問題を責任ある姿勢で適切に処理することを希望する」と表明した。

【記者】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が9日、「日韓慰安婦合意」は真の問題解決にならないと表明したとの報道について、コメントは。

【陸報道官】「慰安婦」問題に関して、中国側の立場は一貫した明確なものだ。日本側がアジア近隣国と国際社会の懸念を直視し、「慰安婦」問題を責任ある姿勢で適切に処理することを希望する。これは日本のイメージだけでなく、歴史の正義に関わる。(提供/人民網日本語版・編集/NA)