現代モービスのブースで自動バレットパーキング技術を説明する役員(同社提供)=10日、ラスベガス(聯合ニュース)

写真拡大

【ラスベガス聯合ニュース】米ラスベガスで開催中の世界最大の家電見本市「CES」に参加している韓国・現代自動車グループの中核部品メーカー、現代モービスは10日に会場の自社ブースで技術発表会を開き、自動車が自動で駐車スペースを探して移動する「自動バレットパーキング」システムを年内に開発する計画だと明らかにした。

 自動バレットパーキングは搭乗者がスーパーやレストランの入り口で降りれば車が地上や地下の駐車スペースを探して駐車する。超音波、カメラ、物体認識センサーと高精度地図、建物駐車システムとの通信などを必要とするハイレベルな自動運転システムだ。バレットパーキングとは本来、ホテルなどでの係員による駐車サービスを指す。