14歳の少年が狂犬病から生還 発病した人の生存は極めてまれ

ざっくり言うと

  • ブラジルのアマゾナス州は9日、14歳の少年が狂犬病から生還したと発表した
  • 発病した人の生存は極めてまれで、ブラジルでは2例目
  • 医師団は「症状をすぐに把握し、迅速に入院させたことが良かった」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング