画像提供:マイナビニュース

写真拡大

X-mov Japanは、1月12日〜1月14日の予定で、「倉庫運搬ロボット Freight」の実証実験を、1月27日〜1月28日の予定で、「PepperでのSLAM技術を活用した移動案内業務」の実証実験を、大阪南港の複合商業施設「アジア太平洋トレードセンター(ATC)」で実施すると発表した。

Freightでの本実証実験では、自律走行のためのマッピング、クラウドを活用した複雑な業務タスクの動作を検証。

SLAM技術(Simultaneous Localization and Mapping)を活用した移動型Pepperの実証実験では、を用いて、移動しながら館内広告や店舗案内を実施し、ユーザー体験の向上を目的とした動作検証を行う。

同社によれば、SLAM技術を用いての自律走行実証実験は日本初だという。

今後、X-mov Japanでは、実証実験を通して得た評価をもとに商品開発を行い、全国への展開を行っていくという。