画像提供:マイナビニュース

写真拡大

キングジム、離席の際に荷物を見守るデジタルツール、モニタリングアラーム「トレネ」を2月23日に発売すると発表した。

スマートフォンアプリ

「トレネ」は、一人で外出した際、カフェなどで荷物を置いたまま離席するときに、スマートフォンと連携して荷物の"見守り"をしてくれるデジタルツール。スマートフォンと「トレネ」を専用アプリで連携させ、荷物の上に「トレネ」を置き、スマートフォンを持ったまま「トレネ」から離れると自動的に警戒状態になり、荷物を動かそうとして「トレネ」に振動が加わると、警告のアラームが鳴る。

スマートフォンを持って「トレネ」に近づくと自動的に警戒状態が解除され、振動が加わっても、アラームはならない。

この製品は、2017年10月11日より行われたクラウドファンディングにおいて、目標金額の約10倍の資金を集めた製品で、初年度販売目標数量は1万5000台。サイズは、直径約40mm(底部)、高さは約29mm、重量は約18gで価格は6800円(税別)。電源はリチウムイオンポリマーバッテリーで、連続使用時間は20時間(初期設定状態)。