「バロトーク」の案内画像=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の行政安全部は11日、中央官庁や地方自治体の職員がモバイル端末で業務資料を共有する際、公務員用のメッセンジャーアプリ「バロトーク」の使用を義務付けたと発表した。

 同部は民間のメッセンジャーアプリを使って業務資料を共有することは情報セキュリティー違反であることを認識するよう、公務員に対するセキュリティー認識向上教育を強化する方針だ。

 また、バロトークに会議日程の共有やオンラインアンケートなどの機能を追加し、民間メッセンジャーアプリ並みに機能を改善する計画だ。