魁聖(右)と稽古する白鵬

写真拡大

 「大相撲初場所」(14日初日、両国国技館)

 先場所、史上最多40度目優勝を果たした横綱白鵬(32)=宮城野=が11日、都内の友綱部屋に出稽古し、幕内魁聖、十両旭秀鵬、山口を相手に計13番取り、全勝した。

 場所前最後の出稽古は友綱部屋が恒例で「締めくくった感じだね」と充実の面持ち。

 横綱審議委員会(横審)からは酷評された張り手、かち上げは封印。左足から踏み込んで素早い左上手、右肘を固め相手に当たるなど、“優等生”の立ち合いに試行錯誤した。

 「とりあえずやることはやった。相手によって立ち合いは変える。ふたを開けてみないと」と、あとは本番での体の反応次第だ。