@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

もくじ

ーC7コルベット EVに改造
ー走りの味は コルベット?
ーコンバージョン工賃 …高い

C7コルベット EVに改造

北米のメーカー、ジェノベーションが「GXE」を発表した。シボレーC7コルベット・グランスポーツをEVに改造したモデルである。


航続可能距離354kmというGXEは、
・ツインモーター
・7速MT/パドルシフト付き8速AT
・後輪駆動
・最高出力:800ps
・最大トルク:96.8kg-m
・0-96km/h加速:3.0秒未満
というスペックだ。 

走りの味は コルベット?


モーターはフロントに設置。もちろん本家コルベットでは、ここにガソリンエンジンが搭載されている。

ドライブトレインの選定は、ドライビングフィール、C7コルベットを感じさせるキャラクターを重視した結果の判断だ。

5つのバッテリーパックは、合計容量61.6kWh。前後重量配分を考慮して分割して搭載している。

同社によれば、普通に運転すれば280km以上の走行は可能だという。
 

コンバージョン工賃 …高い


また、車重は1859kg。これはコルベットよりも317.5kgも重い重量だ。

製造は75台のみで、コンバージョン方式で対応する。つまりドナーカーとなるコルベットが必要なのだ。コンバージョン工賃は75万ドル(8380万円)。

なお、AUTOCAR JAPANでこの記事をご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『ジェノベーションGXE』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。