電動やさいスライサー ベジ丸と野菜ハーフ

写真拡大

 ドウシシャは、野菜を楽しめるシリーズとして、簡単に野菜の千切りやスライスができる「電動やさいスライサー ベジ丸(DBS-18IV)」と、1日の野菜目標摂取量の半分がとれる「野菜ハーフ(DYM-17WH)」を発売した。

 「電動やさいスライサー ベジ丸」は、スライス用ディスクに加え、野菜麺用のディスクが付属し、本体に野菜と好みのディスクをセットするだけで簡単にヘルシーな野菜麺を作ることができる。本体は、モーター部以外は分解洗浄が可能。サラダや麺類、鍋など、7つのレシピを掲載したレシピブックも付属する。

 「野菜ハーフ」は、クリアカップに野菜を入れて本体にセットするだけで、簡単にスムージーやジュースが作れるジューサー。簡単に野菜を楽しめる専用レシピブックが付属。カップには1日分の野菜目標摂取量の半分が入り、クリアカップでそのまま飲める。

 価格はどちらもオープンで、税別の実勢価格は「電動やさいスライサー ベジ丸」が3980円前後、「野菜ハーフ」が4980円。