2018年のアジアンツアー出場権をかけて争われる「アジアンツアーQT」のファイナルステージが10日(水)より開幕。タイにあるセント・アンドリュース2000とラヨーン・グリーンバレーCCの2コースを舞台に初日の競技が行われたが、日没のため123人の選手がホールアウトできず、競技は順延となった。
【関連】石川遼、史上最年少で選手会長就任
日本勢からは、長谷川祥平が1イーグル・3バーディ・1ボギーの「67」をマーク。首位と2打差となる暫定4アンダー4位タイの好スタートを切った。
日本勢2番手となる暫定3アンダー7位タイで、市原弘大、関凌之介、新木雄貴(ゆたか)の3人が続いた。
一方で、昨年のファイナルステージを3位で通過した亀代順哉は4オーバー暫定132位タイと大幅な出遅れ。ファイナルから参加している堀川未来夢も2オーバー暫定92位タイと下位からのスタートとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

アジアンツアー ファイナルQT 初日成績
「ジーパンがはけなくてもいい」、3位タイの堀川未来夢が見つめる松山英樹の背中 
松山英樹が結婚の発表を伏せていた理由とは?素顔を見せない松山の“哲学”【Pick Up 米国男子ツアー十大ニュース】
日本復帰の石川遼、キャロウェイの新クラブで追い風なるか!?
業界初【グラフェン】採用の新『CHROME SOFT』に桃子&深掘&石川遼、おったまげる