イジー・ベセリー【写真:Getty Imaegs】

写真拡大

ASBクラシック準々決勝、ベセリーが16本に及ぶラリーを絶妙ショットで制する

 男子テニスの「ASBクラシック」は連日、熱い戦いが繰り広げられている。現地時間10日に行われた準々決勝では、打たれても打たれても必死に食らい付き、最後にポイントを奪う白熱のラリーが誕生。ATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで紹介し、反響を呼んでいる。

 現在、夏真っ盛りのニュージーランドで、気温よりも“熱い”ラリーが繰り広げられた。

 世界ランク21位のロベルト・バウティスタ・アグート(スペイン)と同64位のイジー・ベセリー(チェコ)が対戦した準々決勝、息をのむ展開が待ち受けていたのは第1セットのゲームカウント2-3で迎えたベセリーのサービスゲームだった。

 サウスポーのベセリーが打ち込んだ鋭いサーブをバウティスタ・アグートがリターンすると、お互いにストレート、クロスを使い分けながらチャンスを伺う。そして7本目にベースライン際に深いショットを打ち込んだバウティスタ・アグートが前に出てネットプレーを仕掛けた。

 バウティスタ・アグートがガラ空きとなった逆サイドにボレーで決めにかかるも、ベセリーは猛ダッシュで追いついて何とか返球。さらに、その後のスマッシュも打ち返して立て直すと、逆に今度は攻勢をかけ、最後は渾身のパッシングショットでポイントを奪った。

試合中に股抜きも披露…テニスTVも称賛「ショータイムほど良いものはない」

 時間にして約20秒、16本に及ぶ白熱のラリーに決着がつき、一斉に沸き立つ会場。ベセリーもショットが相手コートに入ったのを見送ると、両手で力強いガッツポーズを炸裂させた。

 一連のプレーを「テニスTV」公式ツイッターも「イジー・ベセリーによる素晴らしいポイント、そして決めポーズ」と動画付きで紹介。チェコ出身の24歳は、他にも絶妙な股抜きショットを見せて「ショータイムほど良いものはない」と称賛を受けるなど、会場を大きく沸かせた。

 試合は第1セットをタイブレイクの末に落とし、6-7、2-6でストレート負けを喫してしまったが、ベセリーの粘りのテニスと渾身のパッシングショットはひと際、輝いていた。(THE ANSWER編集部)