画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ソニーの完全ワイヤレスイヤホン第2弾

CES 2018でソニーは、防滴対応でデジタルノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンや、3.1chのスリムなサウンドバーを発表。さっそく、各製品の担当者に機能や使い方の特徴を訊いてみました。

○防滴でスポーツ向け

WF-SP700Nは、ソニーが発売する完全ワイヤレスイヤホンとして「WF-1000X」に続く第2弾のモデルになります。防滴対応なので、屋外でスポーツをして汗をかいたり、雨に濡れたりしても大丈夫。「スポーツやトレーニングと一緒に、快適に音楽を楽しんでいただきたいと思います」と、商品を担当するソニーの前田碧氏がコンセプトを説明してくれました。

スポーツしながらイヤホンで音楽を聴くとなると、水ぬれのほかに気になるのが「外の音が聴きづらくなる」ことです。新製品のWF-SP700Nには、ノイズキャンセリング用のマイクだけでなく、外の環境音を取り込んで音楽とミックスしながら聴ける「外音取り込み(アンビエントサウンド)」のモードも載っています。

機能をオンにすると周囲の音がかなりしっかりと聞こえるようになるので、スポーツ施設や公園のジョギング専用トラックを走るぐらいなら安心して使えそうです。もちろん本来のノイズキャンセリング機能も効果が高いので、地下鉄やバスなどで移動するときにも、静かな環境で音楽に集中できると思います。

完全ワイヤレスイヤホンは装着性もチェックすべきポイントです。

「スポーツ向けのイヤホンとして提案するモデルなので、イヤーチップのほかに外耳のくぼみにはめ込むアークサポーターを装備。さらに、本体を装着したときの重心位置を工夫して、頭を激しく動かしても耳から落ちない安定した装着性能を実現しました」(前田氏)

前田氏の手引きを受けて筆者も本体を装着してみました。真横ではなく、本体が少し斜めに傾くようなポジションで耳にフィットして、なるほど一筋縄では耳から落ちることがありません。また、ノイズキャンセリング機能をオンにしなくても、イヤーチップだけで高い遮音効果が実感できます。

音質は、アウトドアで体を動かしながらでも音楽が体に伝わってくるよう、中低域を充実させています。ボーカルもクリアで分離感が良いので、長時間のリスニングでも聴き疲れしないと思います。完全ワイヤレス機は179ドル (約2万円)。お手頃な価格と言えそうです。

○Google アシスタントにも対応予定

このほか、左右イヤホン間がケーブルでつながっている「WI-SP600N」も、ワイヤレスイヤホンの新しいラインナップとして加わります。アメリカでは春以降に順次発売を予定。日本でも導入予定アリというとても気になる新製品です。

ふたつの製品は、発売後のソフトウェアアップデートでGoogle アシスタントへの対応を予定しています。本体左側のボタンをクリックすると、ペアリングしているスマホのGoogle アシスタントがすばやく立ち上がって、Google Play MusicやSpotifyの音楽配信サービスから聴きたい楽曲を音声で探したり、ニュースや天気予報を音声検索で調べたりできるようになります。最先端のポータブルオーディオスタイルが身近に感じられること間違いなし。

●テレビの下にすっきり置けるサウンドバー

薄型テレビと組み合わせ、迫力いっぱいのホームシアターサウンドが楽しめるマルチチャンネル音声対応のサウンドバーも、ソニーらしさが光る新製品「HT-Z9F」「HT-X9000F」が発表されました。アメリカでは春以降に発売予定。上位のZ9Fは899ドル(約10万円)を見込んでいます。どちらも国内導入が計画されている楽しみな製品です。

Z9Fのスリムな本体には3基のスピーカーを搭載。別きょう体のワイヤレスサブウーファーと合わせて3.1chのスピーカー構成で、高さ方向の立体音響成分を含む「Dolby Atmos」の音声フォーマットを再生できます。

4K映像を収録したUltra HD Blu-rayディスク作品や、Netflixで配信されているDolby Atmosで音声を収録した作品など、本機を導入すれば自宅で迫力たっぷりの映画鑑賞が気軽に楽しめます。HDMI経由で入力された4K/HDR信号をプレーヤーからテレビにそのままパススルー送信できる機能も搭載しているので設置も簡単。

CES 2018の会場では、デモルームにてサラウンド再生の音を体験することができました。実際に聴いてみると、スリムなサイズ感を思わせないほどの広がりがある、力強い3Dサラウンドに包まれます。音響設計を担当したソニーの北戸英理氏は「薄型テレビと一緒に置いたときの見た目も気に掛け、本体を小さくスリムにしながらも迫力ある音を再現できるよう、様々な技術をまとめ込んでいます。ここが一番苦労した点でした」と振り返っています。

Dolby AtmosやDTS:Xなど、元々サラウンド音声の情報が豊富に収録されているコンテンツに限らず、地上デジタル放送のスポーツ番組などもアップミックスとバーチャルサラウンド機能により立体的なサウンドに変換して楽しめます。

商品企画のチームリーダーであるソニーの櫻庭佑輔氏は「いままで自宅でサラウンドなんてハードルが高いのでは? と思っていた方も、これ1台で様々なコンテンツをいい音で楽しめるようになるのでぜひ試してほしい」と呼びかけています。

一方のHT-X9000Fも、BRAVIAシリーズの足もとに置いてもサウンドバーが画面を覆い隠さないよう、サイズを最適化した意欲作。いずれも日本発売の正式発表がとても楽しみな製品です。