9日、落語家の笑福亭銀瓶が自身のTwitter上で、年配世代のマナー違反に痛烈なひと言で言及した。

銀瓶は同日、寄席を訪れた客へ感謝のツイートをしていた。一方で「噺のオチを言うお客様がいたらしい」と明かし、その客に「もう絶対にしないでください」「家でTV見てるンと違うんやから」と指摘する。

さらに「オチを先に言う」「携帯を鳴らす」「私語」「コンビニ袋の音」と、寄席で目立つマナー違反を列挙。こうした行為がほかの客や演者の迷惑になっている、と批判したのだ。

銀瓶によると、これらのマナー違反のほとんどは年配者がしているのだそう。「『まったく!近頃の大人は!』てなもんだ」「罰金制にでもしてやろうか」と辛辣なひと言を述べていた。


ふたつめのツイートは、11日11時の時点で1万4000件以上のリツイートと、1万6000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で大きな話題となっている。

翌10日、寄席での無粋な行為は年配の男性に多いというコメントに「飲食店などで、ギャーギャーうるさいのも、その世代が多いみたいですね」「人間はある程度の年齢になると、幼稚になるのでしょうか」とリプライし、自分が年配になった際に幼稚な行動をしないよう自戒していた。【関連記事】
「今の若い人はひ弱だね」高齢者が若年労働者を嘲笑
「あさイチ」が紹介した高齢者のファクス Twitterで反論され大反響
加藤浩次 傲慢なシニアの増加に疑問「僕が子どものころの方が怖かった」