文大統領(右)とトランプ大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

◇トランプ氏「適切な時期と状況で米朝会談の可能性も」

 トランプ米大統領は10日(現地時間)に韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話で会談し、適切な状況と時期になれば米朝対話の再開が可能との認識を示した。サンダース米大統領報道官が「(トランプ大統領は)適切な時期と状況で北朝鮮との会談を開くことにオープンな姿勢を示した」と伝えた。

◇厳しい寒さ 昼間も氷点下の見通し

 11日朝の韓国は強い風が吹き、大部分の地域で体感温度が氷点下10度前後まで下がる厳しい寒さとなっている。気象庁によると、日中の気温も氷点下にとどまる見通しだ。午前5時の気温はソウルが氷点下11.9度、仁川が氷点下10.7度、江原道・春川が氷点下14.7度、大田が氷点下11.7度、光州が氷点下6.5度、大邱が氷点下8.3度、釜山が氷点下6.5。一方、南部の済州道は除雪作業のため、11日午前8時33分から同11時まで済州国際空港の滑走路を閉鎖すると発表した。

◇就職難で就活しない若者が昨年30万人超 

 統計庁によると、2017年に非労働力人口のうち働く意思がない人として集計された若年層(15〜29歳)は30万1000人で、前年に比べ2万8000人増加した。働く意思がない人が若年層全体に占める割合も3.2%と、前年から0.3ポイント上がった。若年層の昨年の失業率は9.9%で、統計が現行基準となった2000年以降、最も高い。就職活動がうまくいかず、就職をあきらめ、「働く意思がない」に分類される若者が増えていると分析される。

◇平昌五輪参加問題 南北が20日にスイスで協議

 大韓体育会(韓国オリンピック委員会)と平昌冬季五輪組織委員会、北朝鮮のオリンピック委員会が20日にスイス・ローザンヌの国際オリンピック委員会(IOC)本部で会議を開き、来月の平昌冬季五輪に参加する北朝鮮選手団の規模や選手が使用する国家名称などを話し合う予定だ。IOCが10日、明らかにした。競技会場に掲げる国旗、国歌、選手が着用するユニホームなどの規定についても話し合うとみられる。

◇ベンツやアウディ 輸入車32車種・約1万7千台リコール

 国土交通部は11日、製造不具合が見つかった輸入車、32車種・計1万6797台のリコール(無料の回収・修理)実施を発表した。対象はメルセデス・ベンツ「E200」「A200 CDI」、アウディ「Q5」、フォルクスワーゲン「ポロ」など。