元日本代表MF石川直宏、J公式で「マイベスト11」発表 「速すぎ」と称えた相手は?

写真拡大 (全2枚)

「シュートが入らない」元FC東京GK土肥、DFには元日本代表戦士を3人選出

 昨季限りで現役を引退したJ1・FC東京の元日本代表MF石川直宏が、昨年のJリーグにおけるベストイレブンをカテゴリーに関係なく選出した。

 Jリーグ公式YouTubeチャンネルでその様子を公開しているが、FC東京の顔として戦ってきたバンディエラ(旗頭)は、心に残るメンバーにどのような顔ぶれが並んだのか。

 GKに選んだのは、チームメイトとしてプレーしたこともある土肥洋一(現レノファ山口GKコーチ)だった。「一緒にプレーしていても頼もしかったんですけど、まずシュートが入らないという単純な理由です」と、セービング能力の高さを理由に挙げている。

 右サイドバックは「スタミナと労を惜しまない運動量」(石川)の元日本代表DF加地亮(昨季限りで現役引退)を選出。センターバックには横浜F・マリノスの元日本代表DF中澤佑二と、同じ1981年生まれである京都サンガF.C.の元日本代表DF田中マルクス闘莉王を配し、それぞれ「(中澤は)間合いと落ち着き。シュートを打つ角度がどんどんなくなる」「(闘莉王は)主に浦和レッズ時代によく対戦して、一番嫌だったのはフィードが非常に優れていること」と語っている。

 また左サイドバックにはサンフレッチェ広島などでプレーしたDF服部公太を選び、「ウイングバックの方が良いかもしれないけど、見てないところで走り始める駆け引き」を評価した。

 中盤は3枚で、1人目はガンバ大阪の日本代表MF今野泰幸を「ボールに寄せに行く迫力と距離感。奪ってからのフィードと持ち上がってゴールまで持っていける力」と称賛。そしてジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔を2人目に選び、デビュー時の横浜ではチームメイトだった先輩レフティーに思い入れたっぷりのコメントを残した。

「一緒にやりたかった」と語ったのは?

「自分のイメージの先の先を行く。それだけの経験もある。あの時にもう少しシュンさんにいろいろと話を聞いてプレーしていたら、また違ったのかと思わせてくれるくらい、サッカー感覚とイマジネーションが素晴らしい選手で、選手の力を引き出してくれる素晴らしい存在だと思います。自分の成長した姿を常に見せたいと思ってシュンさんとは対戦してきたんですけど、さらに成長している姿を見せつけられた」

 3人目のMFは川崎フロンターレの中村憲剛を選出。「本当にボールが取れない懐の深いキープ。寄せに行くとはたかれる。一緒にやりたかった選手の一人」として、“多摩川クラシコ”の好敵手を称えていた。

 もしこのチームに石川が入るならこのポジションという右ウイングには、アルビレックス新潟のFW田中達也を選び、こちらにも思い入れの詰まった言葉を残している。

「彼のドリブルは多くの方を魅了したと思うし、いつまでもそのドリブルは忘れずに求め続けると思う。あの切れ味鋭いドリブルに何度やられたことか。ボールを預ければ彼がどうにかしてくれると思わせてくれる貴重な選手だったと思うし、今も現役で彼らしいプレーをしている。怪我もあると思うんですけど、あの切れ味鋭いドリブルが見たい。対戦することはもうないんですけど、ガンガン切れ込んでディフェンスを翻弄してゴールを決めてほしい」

「動きが絶妙で、パスを出したくなる選手」

 センターフォワードに据えた元浦和のFWエメルソンには一言、「速すぎです(笑)」。「食らいついていけないシーンもあり、シュートの精度と迫力があり、苦労した」と対戦時の思い出を話した。

 そして、最後の一人はFC東京でもプレーしたFWルーカスだ。「動きが絶妙で、パスを出したくなる選手。自分でも切れ込んでシュートを打てるけど、得点はヘディングも多く、抜け出すタイミングやスペースを見つける動きが優れていて、頼もしくて相手にしたら怖い存在でした」と明かしている。

 昨季限りで現役生活に別れを告げた石川にとって、元チームメイトのほか、アテネ五輪代表で共闘したメンバーや、2004年から07年にタイトルを量産した浦和のメンバー(闘莉王、田中、エメルソン)が印象に強く残った現役生活だったようだ。個性の強いメンバーを揃えた石川のマイベストイレブンは、Jリーグの歴史の中でも輝きを放った選手たちがズラリと並んでいる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、石川直宏が選ぶ最高の11人「マイベストチーム」

https://www.youtube.com/watch?v=DLSefdwtqn8

Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、石川直宏が選ぶ最高の11人「マイベストチーム」