吉祥寺っていうと住みたい街癸韻箸いμ松里ついてまわるけど、地元民だけでなく、いろいろな人たちが毎日のランチの店を求めてさまよっているわけなんですよ。今回は地元で働く人&学生に優しい、ワンコインでランチOKの店を紹介してみようと思います。

吉祥寺の激安! ワンコイン★ランチ選手権、の件

吉祥寺っていうと住みたい街癸韻箸いμ松里ついてまわるけど、吉祥寺で働いている人も多いし、学校もあるから学生もいるわけです。

そうすると地元民よりも、そういう人たちが毎日のランチの店を求めてさまよっているわけなんですよ。

そして一方、オシャレな吉祥寺っていう側面もあるので、女子会ランチ、ママ友ランチなどもキラキラした感じの催しも日々繰り広げられているという……。

そんな吉祥寺のランチ事情ですが、今回は地元で働く人&学生に優しい、ワンコインでランチOKの店を紹介してみようと思います。

イラスト/スタジヲワンツー

バラエティ豊かなメニューとゆったりキャパの居酒屋系ランチ

まず、吉祥寺駅の公園口を出て右手にちょっと歩いたところの雑居ビルにある『居酒屋 I 』。

ここは、まぐろ丼(数量限定)、サーモン丼が500円(税込)! 

でも実は+αでトッピングもできるので、ちょい足ししたい人は、海鮮系の具が足せま〜す。

しかもドリンクもついてきて、ワンコイン。

それでドリンクのコップがデカいの。

お得感あります!

定食の場合は、メイン+サラダ+ごはん+味噌汁+ドリンクで700〜900円くらい。

女子も、けっこう多いです。

メニューは、しらす丼、海鮮丼などの丼系、塩サバや赤魚などの焼き魚系、唐揚げ、カツなどのがっつり揚げ物系もあります。

女子は魚系を頼み、男子はミックスフライ定食を頼んでいる人が多い様子。

メニューが多くて、何度行っても飽きません。

さらに、ご飯は頼んでもいないのに、基本設定が山盛りです! 

ご飯少なめ希望の人は、事前に申請しとけよ! 

残すなよ! 

先日、私が行ったときには、男子学生集団がどっと入ってきて、先頭にいた男子が「6人!」と元気に申告したあとで、「あっ、俺を忘れた! 7人!」という感じで、グループも大丈夫な店のキャパ!

怪しい佇まいで、謎のヘルシー感も漂う中華系

そして、駅の東口。

線路に沿って歩いて、ここはなんだか怪しいのでは……、という佇まいの中華屋『C街』。

なんとランチが18時まで。

っていうか、単に夜になるとメニューは一緒で、ちょっと料金設定が変わるっていうだけのような気もするが……。

ここは、ラーメン&チャーハンセットが500円(税込)。

お昼はこれを頼んでいる人が圧倒的に多い感じ。

ほかにも定食メニューが5〜7種類あるんだけど、だいたい600〜800円くらい。

酢豚、レバニラ、エビチリ、肉野菜炒めなどなど。

メイン+スープ+ごはん小さいおかずのセット。

ちなみに私は中華屋に入ると反射的にレバニラ定食を頼む女で、700円(税込)也。

あと「青汁あります」と貼り紙があって、謎のヘルシー感も漂わせています。

ちなみに、某宅配便のドライバーの方々が多く(近くに駐車場があってこの界隈の荷物を積み下ろししている模様)、グループで元気にお昼ご飯を食べていて楽しそう。

単品メニュー300円の中華系居酒屋のワンコインランチはコスパ最高!

そして最後は、駅の北口。

東急デパートの近くの雑居ビルの2Fの『S屋』。

ちなみに店のメニューが全部300円っていう、チェーンの中華系居酒屋です。

ここのワンコインランチは、日替り、マーボー丼、チャーハンとなっていて、そのときの気分でチョイスできるのがいいかも。

ごはんもの+麺の、麺セットも充実。

その他の定食セットは20種類くらいあってこれまたリーズナブル。

酢豚、回鍋肉、麻婆茄子、油淋鶏などなど中華系のおかずは一通りあります。

ちなみに私は条件反射でレバニラ定食……。

ちなみに650円(税込)也。

出てくるのが早いし、美味しいんだけど、なぜか定食セットには、あの乳酸菌飲料のピルクルがついています……。

なぜ、ピルクル……?

おっさんの健康を考えてくれているんでしょうか? 

さらにテーブルに水のポットがって、お冷飲み放題。

あと店も広いので、昼時ど真ん中でもサラっと入れるのがウレシイよね。

いかがでしょうか? 

吉祥寺のワンコインランチ選手権。

お財布が寂しいときにぜひトライしてくださ〜い。

天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま〜に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。