「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」でドラマ単独初主演を務める私立恵比寿中学・小林歌穂

写真拡大

私立恵比寿中学(エビ中)の小林歌穂が初主演を務めるドラマ「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」(毎週木曜11:00-11:30、tvk)が、1月11日から放送される。

【写真を見る】小林が演じるマチ子は跳ねっ返りでお人好しの女学生

本作は、「甲殻不動戦記ロボサン」(2014年、テレビ東京系ほか)、「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」(2016年、テレビ東京系ほか)の脚本や、エビ中舞台「シアターシュリンプ」シリーズの作・演出を手掛ける土屋亮一(シベリア少女鉄道)の書き下ろしオリジナルコメディー。

きょうだいの義理と人情のすれ違いをワンシチュエーションで届ける、新しくも懐かしいドタバタNEO人情喜劇で、跳ねっ返りでお人好しの女学生・町山マチ子役を小林が、兄のタモツを加藤雅人(ラブリーヨーヨー)が演じる。

収録現場でクランクアップしたばかりの小林を直撃。単独では連続ドラマ初主演となる本作への思いや、撮影について話を聞いた。

■ エビ中メンバーの反応は“あっさり”

――初主演おめでとうございます。

ありがとうございます! このお話を聞いた時に、マネジャーさんからは「ドラマに出るから」としか言われていなかったんですよ。なので、脇役で一話だけ出させていただけるのかなって思っていたら「(後から)主演だよ」って言われて、「え!? そんな大事なことをさらって言うんだ」ってビックリしました。

お芝居は、エビ中のみんなでやらせていただいた時も楽しくできたので、(ドラマ出演には)ワクワクはあったんですけど、「私なんかが主役を務めさせていただいてもいいものなのか?」って、ちょっと思いました。

――不安もあったんですね。

でも、土屋さんはエビ中でもお世話になり、私のことを知ってくださっているので、安心はありました。タモツ役の加藤雅人さんなど、これまでにお世話になっている方が多い現場なので、のびのびとやらせていただけるなって思いました。

――実際にのびのびできましたか?

はい! すごくのびのびとやらせていただきました(笑)。個人のお仕事ということで、メンバーが周りにいないのは緊張して不安なんだろうなって思っいていたんですけど、現場はすごく温かくて、笑いが絶えないというか、笑いを堪えるのが大変な作品なので、ずっと笑いっぱなしでした。

私がミスすることも多かったんですけど、それでも「全然大丈夫だよ」って皆さんが声を掛けてくださるので、安心してマチ子ちゃんになれました。

――主演が決まったことについて、エビ中メンバーはどんな反応でしたか?

「おう」みたいな感じで、結構あっさりした反応でした(笑)。エビ中ってソロ活動の話はみんなに伝えることはあまりなくて、情報解禁のタイミングでメンバーも知ることが多いんですよ。だから、(今回も)チーフマネジャーさんがみんなにLINEでさらっと知らせたんですけど、メンバーの反応は「おう」くらいで(笑)。「え!? もうちょっと他にない? 主演だよ?」って思っちゃいました。みんなはあっさりしていましたね。

――でも、作品はメンバーに見てもらいたいですね。

見てもらえば誰でも笑える作品なので、そこは一人で頑張ってきたよっていうのも含めて、メンバーにもぜひ見てもらいたいです。

――他にもドラマなどで活躍されているエビ中メンバーはいますが、意識したり刺激を受けたことはありますか?

出席番号5番の安本彩花ちゃんが出演した、土屋さんの舞台(2017年12月)を見に行きました。安本さんの動きが面白いんですよ(笑)。だから、自分のせりふがない時の動きはどういう感じなのかなとか、細かいところをめっちゃ見てきました。

■ マチ子役は「すごくはまった」

――さきほど撮影を終えたばかりですが、振り返ってみていかがですか?

ん〜97点ですかね。自分で高得点を出しちゃいましたけど、自分的にすごくマチ子ちゃんになれたというか、そういう手応えはあります。残りの3点はもうちょっと細かいところでひねることができたら、もっと面白くできたんじゃないかなっていう反省もあります。細かい所でもっといろいろなバリエーションができたら良かったかなって思います。

――主演ということで、せりふの量も多かったと思います。

本当に大変で、撮影期間もあまりない中で臨んだんですけど、「この量?」っていうくらいのせりふの量でびっくりしちゃいました。テンパった末に、ネットでどうやったら暗記できるのかをめちゃくちゃ調べました。煮干しを食べたり、納豆を食べながら覚えたりとか、部屋の中を歩き回ってぶつぶつ言っていたりとか(笑)。あと、暗記するときに青色のペンで書くと覚えやすいという情報を見つけたので、台本の自分のせりふを青の蛍光ペンで塗ったり、あらゆる情報を試しました。ひたすら頑張って覚えました。

――効果はありましたか?

ありました! 全部やって良かったなって思いました。どの方法が効果あったのかは分からないですけど、全部詰まって結果的にできたので良かったなって。でも、私は覚えるのが遅い方だったので、すごく大変でした。

――マチ子はどんな子ですか?

おせっかいというか、いろいろなことに突っかかって、人の役に立とうとする子です。でも、タモツにちょっとツンデレの部分があるというか、シャイなところがあって、強がっていないように見せて、実はすごく心配しているんだよっていう優しいところがこぼれてしまっているのが、すごくかわいいなって思っています。

――マチ子と小林さんは似ていますか?

最初は自分と似ていそうであまり似ていないのかなって思っていたんですけど、演じていく中で「ほぼ私だ」っていう感覚になりました。どこが似ているのかな? 心配性というか、あたふたしちゃうようなところは近いものを感じます。気付いたらマチ子ちゃんになっていましたね。

マネジャーさんからも「小林にしかマチ子はできない」って言ってもらえて、自分でもすごくはまった気がします。

――マチ子は妄想癖がありますが、小林さんは?

あります! いつも妄想していて、「今日はこんなことがあったらいいな」とか、寝る前は「夢でこういうのが出てきてほしいな」とか、ずっと妄想してます(笑)。気付いたら素なんじゃないかってくらいマチ子になっていましたね。

■ 今後の演技の仕事へも意欲

――演じる上で、土屋さんから言われたことはありますか?

恋愛など全然したことがないのに、マチ子は先輩ぶるというか、慣れた感じで渋いせりふを言うんですね。私はそういうことを言ったことがないので、「慣れたような感じで、ちょっと上から目線で」っていうアドバイスを、本読みの時にいただきました。第1話ではまだ(うまく演じきれずに)てんやわんやしていたんですけど、最後の方では“上から目線”で言えているんじゃないかなって思います。

――コメディーは得意ですか?

正直言うと、コメディーしかやったことがないというか(笑)。土屋さんにはエビ中の舞台やドラマでお世話になっていて、脚本も書いてくださっていたので、(私の中では)これがドラマっていう感覚になっているんですね。

――今後はシリアスな演技など、経験したことのない役もオファーがあるかもしれませんね。

今までは自分と近いと感じる役が多かったので、真反対な女の子などを演じてみたいなっていう思いはあります。

――演技の仕事は好きですか?

お芝居は楽しいです! (今回の撮影は)あっという間だったし、またやりたいなっていう気持ちはすごくあります。

――このドラマで見てもらいところを教えてください。

毎回話がぐるぐると変わって、起こることが本当に予想できないんですよ。毎回楽しみにしながら見てほしいんですけど、後半にいくにつれて、クズ社長(浅見紘至)やマチ子ちゃん、タモツの尋常じゃない顔のリアクションというか、表情を見てもらいたいなって思います。みんな表情がやばすぎて(笑)、普通の顔を忘れてしまいそうなくらいオーバーな感じで演じているんですよ。そこを含めて楽しんでもらえたらいいなって思います。

――では、最後に読者にメッセージをお願いします。

普段はエビ中として活動させていただいていますが、エビ中ファミリーさんはもちろん、エビ中や私のことを知らない人でも、暇でたまたまテレビをつけて見てくれた人でも、男女問わずに楽しめる作品です。このドラマが、皆さんにとって毎週の楽しみになってもらえたらうれしいです。マチ子ちゃんたちがバタバタで面白いよ!(笑)

■ あらすじ

東京下町の古びた家の娘・町山マチ子(小林歌穂)は、兄のタモツ(加藤雅人)との二人暮らし。今どき珍しいくらい素直で気立ての良い女学生。

困った人がいれば放っておけない性分で、毎度面倒事を抱え込んでは、ひと肌脱いで東奔西走。ただし、マチ子も恋に恋するお年頃。たくましすぎる妄想癖だけがたまにきず。

「この人、もしかしてあたしのこと好きなんじゃないだろうか…?」

当初の目的がおろそかになるほど相手を意識し始め、事態は毎度あさっての方向に。

そんな中、お兄ちゃんの結婚話が。二人をくっつけようと全力でことに当たるマチ子だが…。(ザテレビジョン)