フィスカーの「EMotion」(同社のサイトから)

写真拡大

 自動車ベンチャーの米フィスカー(ロサンゼルス)は、400マイル(約640キロメートル)以上の航続距離を持つ電気自動車(EV)「EMotion(エモーション)」を米ラスベガスで開催中の「CES2018」で披露した。レベル4の自動運転機能を備えるほか、乗り降りしやすいよう、前後のドアが左右に跳ね上がる業界初の「バタフライ・ドア」も採用したユニークなデザイン。高級EVセダンでテスラのお株を奪うことができるかどうか。

 EMotionは全輪駆動で最高速度が時速161マイル(時速約257キロメートル)。止まった状態から時速60マイルまで3秒未満で加速できるという。

 バタフライ・ドアはドアハンドル部分のセンサーに触れるだけで開閉し、運転者のスマートフォンからも操作可能。自動運転用のセンサーとして使われる光レーザースキャナー(ライダー)には米クアナジー・システムズ製を採用し、超音波センサーとカメラも搭載する。価格は12万9000ドルで、2019年後半の出荷予定。予約金2000ドルで事前予約も行っている。

 現状ではリチウムイオン二次電池を搭載しているが、同社は全固体電池の開発にも乗り出している。ただ、19年の出荷には間に合わないもようだ。

 自動車デザイナーでもある同社CEOのヘンリック・フィスカー氏は、テスラ時代に「モデルS」の初期設計に携わったこともある。それだけに打倒テスラの思いはことのほか強いようだ。

 07年に立ち上げた米フィスカー・オートモーティブでは、曲線美のエレガントなデザインのプラグインハイブリッド車(PHEV)「フィスカー・カルマ」を開発。一躍脚光を浴びたものの、バッテリーの不具合で度重なるリコールを余儀なくされ、13年11月に倒産。旧フィスカー・オートモーティブは中国最大の自動車部品メーカー、万向集団に買収された。「フィスカー」の自動車ブランドはフィスカー氏が継承し、16年に現フィスカーを設立した。