ルシオラで空中に「L」の文字を描画(東大提供)

写真拡大

 東京大学の高宮真准教授、川原圭博准教授、星貴之客員研究員と慶応義塾大学の筧康明准教授らは、空間を飛び回るミリメートルサイズの発光ダイオード(LED)光源を開発した。空間中を移動しながら、無線による制御でLEDを点灯させたり消灯させたりできる。将来、手で触れられる空中ディスプレー向けの発光画素として応用できる。

 研究グループは、3次元空間を飛び回るLED内蔵の小型発光体を作製。蛍のように光ることから、ゲンジボタルの学名から「ルシオラ」と名付けた。

 超音波集束ビームを使った従来の小型浮遊物体は騒音がなく高精度に浮遊したり移動したりできるが、電子回路を持たず、発泡スチロール球のような簡易なものに限られていた。

 今回、無線給電によって電池を不要にし、LEDの点灯に必要な無線給電用の受信回路を専用集積回路(IC)に作り込んだ。

 これらの工夫により、小型・軽量化を実現。直径4ミリメートルの半球形状で重さ16ミリグラムの、世界初の「空中移動する小型電子回路内蔵発光体」を作製した。

 インタラクティブとモバイル、ウエアラブル、ユビキタス技術に関する論文誌のIMWUT電子版に掲載された。