少なく見積もっても、現在の中国には中所得クラスターが3億人以上おり、世界の中所得クラスターの約30%を占めるという。資料写真。

写真拡大

2017年末に行われた中央経済工作会議は、中国共産党第18回全国代表大会以降の中国の経済発展が獲得した歴史的な成果と体験した歴史的変革を総括する中で、世界の注目を集める判断を下した。それは、「中国には世界最多の人口を擁する中所得クラスターが形成された」というものだった。中央政府が中国に世界最大規模の中所得クラスターが形成されたと明確に打ち出した最初のケースだ。週刊誌「瞭望」が伝えた。

少なく見積もっても、現在の中国には中所得クラスターが3億人以上おり、世界の中所得クラスターの約30%を占める。国家統計局国民経済総合統計司の毛盛勇(マオ・ションヨン)副司長(報道官)は、「学術界の中所得クラスターに対する定義にはまだ統一的な標準がないが、世界のさまざまな研究方法を総合して試算すると、どのような標準を採用しても、この判断は成立する」と述べた。

毛副司長は中国で中所得クラスターが拡大を続けるのをみつつ、「欧米などの先進国はすでに所得がラグビーボール型の構造を形成し、中所得層の割合が60%を超える。中国の中所得クラスターは規模が最も大きく、発展ペースが加速しているが、割合ということでは先進国と大きな開きがあり、これは今後さらなる努力が求められる点だ」と指摘した。

2016年には、中国の1人当たり平均可処分所得は2万3821元(約40万5000円)に上り、12年に比べて44.3%増加し、実質年増加率は7.4%だった。つまり中国経済の持続的急成長にともない、特に経済運営の質の持続的向上にともない、中所得クラスターの仲間入りをする人がますます増えるということだ。

3億人を超える中所得クラスターから生まれる消費ニーズは、中国の経済成長にとって最大の安定装置になる。中所得クラスターの人的資本が急速に積み上がれば、革新(イノベーション)型国家の建設によりよい重要な支えを提供することになり、これは中国が高度成長の段階から高い品質の発展の段階に進む上での最も着実な基礎になる。

▽3億人超の中所得クラスターはどのように算出したか

毛副司長の説明によると、「現在、中国には中所得クラスターについての統一的な標準がないが、世界の一連の研究機関は定義を設けている。世界銀行が打ち出した関連の標準が一般に通用する」という。

世銀の標準では、中所得とは成人の1日当たりの収入が10〜100ドル(1ドルは約112.8円)、年収にして3650〜3万6500ドルの層を指すという。ドルの対人民元レートを1対7と控えめにみると、世銀の標準では年収2万5千〜25万元が中所得になる。毛副司長は、「レートで計算しても購買力平価で計算しても、この標準は中国にすでに世界最大規模の中所得クラスターが形成されたとの判断には影響しない」と強調した。

毛副司長は、「2016年の国家統計局のデータで説明すると、全国の国民を5段階の所得グループに分けた場合(各グループの人数を約20%ずつとする)、低所得グループの可処分所得は5529元、中の下グループは1万2899元、中所得グループは2万924元、中の上グループは3万1990元、高所得グループは5万9259元になる」という。

中の上グループと高所得グループを合わせた40%は世銀の中所得クラスターの標準に当てはまる。高所得グループ内で可処分所得25万元以上のクラスターが10%になっても、残りの10%と中の上グループの20%を合わせて、中国の中所得クラスターの規模は30%に達する。

クレディ・スイス研究センターのこれまでの研究によると、世界の中所得クラスターは約10億5000万人に上り、このうち中国が35%近くを占め、3億7000万人に達するという。毛副司長は、「このデータは中国の実際の状況とほぼ合致する」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)