BMWグループは2017年初頭に、次のような目標を掲げた。

 

「年内、グローバルで10万台以上の電気駆動車を販売する」。

 

この目標を見事に達成したBMWはこのほど、その記念として、ドイツ・ミュンヘン北部にあるBMWグループ本社ビル「フォー・シリンダー・ビル」に光のインスタレーションでバッテリー風の装いを施し、モビリティの未来に向けた道筋を示した。

 

 

BMW AG取締役会会長のハラルド・クルーガーは、次のようなコメントを発表した。

 

「当社はお約束を果しました。この高さ99mの光のインスタレーションは、エレクトロモビリティの時代に向けたサインです。年間10万台の電気駆動モデルを販売したことは記念すべき出来事ですが、これは当社にとっての始まりに過ぎません。2013年にBMW i3を導入して以来、当社は20万台以上の電気駆動モデルを販売しており、2025年までに電気駆動モデル25車種を取り揃える予定です。早い段階でエレクトロモビリティに注力したことが、この成功を呼び込んだのです。そしてエレクトロモビリティは、今後も当社の将来的な成功のための尺度となり続けることでしょう」