柏MF小泉慶、ACLで持ち味発揮へ「セカンドボールや球際、1対1で負けないことが結果につながる」

写真拡大

▽柏レイソルは10日に新体制発表会見を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。

▽アルビレックス新潟から加入したMF小泉慶が会見終了後、メディア陣の囲み取材に応対し、自身の持ち味である球際の強さやアグレッシブなプレーでチームに貢献したいと語った。また、新潟時代と同じ背番号8の着用に「自覚と責任」を口にした。

◆MF小泉慶(柏レイソル)

──JリーグはもちろんACLで持ち味が発揮されると思うが

「新潟の時から他のチームがACLで戦っている試合を観ていましたけど、本当に球際の激しいチームばかりです。その少しの差で負けてしまっているゲームもあるので、セカンドボールや球際、1対1で負けないことが結果につながってくると思います。チームが変わっても、そういう部分で絶対に負けないというところをどんどん出していきたいです」

──柏のどのような部分に惹かれて移籍を決断したか

「去年から柏にオファーを頂いて、新潟がJ2に降格したにも関わらず今年も声を掛けて頂きました。他のチームのことは考えずにこのチーム1本で考えていました。柏はタイトルを獲れるチームだと思います。そういうチームで意識することが自分の成長につながると思ったので柏を選びました」

──昨シーズンまで対戦してきてどのような印象を持っているか

「1人1人の止める蹴るの技術が高いイメージです。前線には強力な外国人選手がいますし、対戦している時は上手くて強いなという印象でした」

──選手層が厚い中、どのような良さを出していきたいか

「まずは柏のサッカーを理解してどうすればチームにとってプラスになるのかというのをしっかり考えたいです。ガツガツ行くだけではなくチームのことも第一に考える。ただ、自分は考えすぎると上手くいかないタイプなので、そこのバランスは難しいですけど自分のアグレッシブなプレーもどんどん出していきたいです」

──背番号は新潟時代と同じ8番だが

「この番号を着ける以上は結果を残さなくてはいけないです。自覚と責任を持ってやっていきたいです」