最先端のコネクテッドシステムを採用するレンジローバー・ヴェラール

写真拡大 (全7枚)

パナソニックは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、ランドローバーの新型SUV、『レンジローバー・ヴェラール』にパナソニック製のコネクトシステムが採用された、と発表した。

レンジローバー・ヴェラールのコネクトシステムが、「Touch Pro Duo」。これは、デュアルタッチスクリーンシステムを備えた車載コネクティビティシステム。2つの高解像度10.2インチのタッチスクリーンが、レンジローバー ヴェラールの全モデルに標準装備される。

Touch Pro Duoでは、ナビゲーションを表示しながら、エアコン調整や、エンターテインメント機能を使用することが可能。ウィンドシールドタイプのヘッドアップディスプレイも、パナソニック製が採用された。

ランドローバーによると、Touch Pro Duoは顧客のニーズを予測し、望むものを適切なタイミングで提供。ドライビングの楽しさを損なうことなく、デジタルパーソナルアシスタントのようにドライバーを支援する、としている。 《レスポンス 森脇稔》