ボッシュのドローン向け新アプリ

写真拡大 (全2枚)

ボッシュは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、ドローンやロボティクス向けの新型アプリケーションを発表した。

この新開発アプリケーションには、自動車業界で採用されている低ドリフトのジャイロスコープと加速度センサー技術を導入。高い耐振動性を備えた慣性センサーは、大きな温度変化環境下においても、低ノイズ、低ドリフトを実現するという。

この慣性センサーは、「MEMSセンサーBMI088」と命名。16ビットの3軸加速度センサーと、16ビットの3軸ジャイロスコープで構成される。ボッシュはこの慣性センサーを、最新の低TCO加速度センサーと統合させた。

BMI088は、コンパクトなパッケージに格納が可能。BMI088は産業用ロボットだけでなく、家庭用の掃除機やコミュニケーションロボット、自立型バイクなどのロボティクス アプリケーションにも適しており、凹凸な道路での走行や内蔵モーターによる振動を抑え、正確な操作を可能にする、としている。 《レスポンス 森脇稔》