CES 2018でプレゼンするトヨタ自動車の豊田章男社長

写真拡大 (全3枚)

トヨタ自動車の米国部門は1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、トヨタ車とレクサス車にアマゾンの音声認識サービス「アレクサ」(Alexa)を導入すると発表した。

アレクサは、アマゾンのクラウドベースの音声認識サービス。アレクサを使用すると、走行中にドライバーが音声でエンターテインメントをコントロールしたり、ニュースを入手したり、ショッピングリストにアイテムを追加したり、スマートホームサービスを利用したりすることができる。

アレクサに対応するのは、2018年に発売されるトヨタとレクサス車の一部。トヨタブランドは「Entune 3.0 App Suite」、レクサスブランドは「Enform App Suite 2.0」を搭載したモデルが対象になる。

トヨタ・コネクティッドのザック・ヒックスCEOは、「音声サービスは急速に普及しており、アマゾン・アレクサとの統合を通じて、トヨタとレクサスの顧客はすぐに車内でアレクサと簡単に話すことができるようになる」と述べている。 《レスポンス 森脇稔》