“22万いいね”の反響 ルカク、人種差別的な広告に“反発写真”投稿で世界から賛辞

写真拡大

問題となった「H&M」の広告に出た少年へ「あなたはプリンスですぐにキングになる」

 人種差別的な商品写真を掲載したとしてスウェーデン初の人気ファッションブランド「H&M」が炎上中だが、この騒動にサッカー界のスター選手も反発の声を上げている。

 真っ先にアクションを起こしたのは、マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWのロメル・ルカクだった。

 事の発端となったのはH&Mのオンラインストア英国版に掲載された商品の写真だ。緑色のパーカーを黒人の少年が着用しているのだが、問題となっているのは服の前面に書かれた英語。そこには「COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE(ジャングルで一番クールなサル)」と記されている。

 この写真が黒人に対する人種差別だとして、SNS上を中心に拡散された。このパーカーの色違いで、オレンジカラーのモデルの写真では、白人の少年が「マングローブジャングルのサバイバル専門家」と英語で書かれたものを着用している。

 H&Mは謝罪し、すでに該当の写真は削除されているが、騒動に対してコンゴ民主共和国にルーツを持つ黒人選手のルカクが現地時間8日に自身のインスタグラムを更新。話題となったH&Mの商品画像を加工し、緑のパーカーの胸の文字を「BLACK IS BEAUTIFUL」に変更。「あなたはプリンスですぐにキングになる」と少年を称えるコメントを付けて投稿した。

1日足らずで22万“いいね”が付くなど反響

 この画像には日本時間10日朝の時点で22万件以上の「いいね(like)」が付けられるなど反響を呼んでいる。

 また、この行動は英衛星放送「スカイ・スポーツ」のニュース専門チャンネル「スカイ・ニュース」に取り上げられ、「マン・ユナイテッドのストライカー、ロメル・ルカクがH&Mの“人種差別的な”フーディーの広告に対抗」と報じられた。

 記事によれば、アメリカ・バスケット界のキング、レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)もこのインスタグラムでH&Mに対して抗議の行動を起こしたことを伝えている。

 日本でも年末の人気バラエティ番組で、顔を黒く塗って芸を演じる「ブラックフェイス」が問題視され、海外メディアにも取り上げられるなど大きな騒動となっている。根深い人種差別問題に真摯に向き合うルカクらスター選手の行動には賛辞が集まっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】ルカクが公式インスタグラムで公開、人種差別的広告への“反発メッセージ”

ルカクが公式インスタグラムで公開、人種差別的広告への“反発メッセージ”