中国広西チワン族自治区柳州市柳江区に位置する基隆村では、多くの世帯がネット通販大手の「淘宝(タオバオ)」にネットショップを開設しており、2017年末にアリババ研究院が同自治区で初めて公開した「淘宝村」となった。

写真拡大

中国広西チワン族自治区柳州市柳江区に位置する基隆村では、多くの世帯がネット通販大手の「淘宝(タオバオ)」にネットショップを開設しており、2017年末にアリババ研究院が同自治区で初めて公開した「淘宝村」となった。

【その他の写真】

人口わずか5000人ほどの同村には、淘宝のネットショップが100店舗以上、業者向けの仕入れサイト「アリババ1688」のネットショップが30店舗以上ある。これらの店舗では主に生鮮食品や衣料品、自動車パーツなどの製品を取り扱っており、製品は中国全土や東南アジア、ヨーロッパなどの国に販売されている。(提供/人民網日本語版・編集/TK)