ダスティン・ジョンソン【写真:Getty Images】

写真拡大

ジョンソン、433yパー4であと15cmでホールインワンの一打が“今週NO1ショット”に選出

 米男子ゴルフのセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズで、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)が炸裂させた“パー4ホールインワン未遂”。433ヤードの1打目をピン15センチにつける衝撃ショットは、PGAツアー公式ツイッターが動画付きで公開し、再生230万回を突破したが、PGAツアーは今週の「ショット・オブ・ザ・ウィーク」1位に選出。反響は拡大している。

 “パー4ホールインワン未遂”が再び、称賛の的となっている。PGAツアーは今週の「ショット・オブ・ザ・ウィーク」5本を選出。堂々の1位に選出されたのは、もちろん、ジョンソンの伝説級ショットだ。

 大会最終日、433ヤードの12番パー4だった。ジョンソンは193センチの屈強な肉体で、豪快にドライバーを振り抜いた。ボールは破壊音を残し、あっという間にすっ飛んで行った。フェアウェイ左にかっ飛ばしたボールは勢いが止まることなく、下りの斜面でどんどん弾み、そのままグリーンオン。それでも、ボールは止まる気配がなく、さらに転がっていく。

 5メートル、10メートル。すると、その先にピンが見えた。完全にラインに乗って一直線。まさか――。奇跡を予感したギャラリーが、にわかに沸き立った。しかし、ボールはカップ直前で失速し、ストップ。その距離、15センチ。もうひと転がりすれば……という奇跡の“パー4エース”は逃したが、信じられない一打にコース全体が一気に熱狂に包まれた。

2位もジョンソンのチップインイーグルで1、2位独占する結果に

 これを映像で紹介したのが、PGAツアーの公式ツイッターだった。433ヤードを1打で15センチにつける衝撃を目の当たりファンは「正直に言って、今まで見てきたな中で最も凄まじいドライブ」「歴代で最高のショットの1つであることには間違いないだろう」と大反響を呼び、再生回数は230万回を突破している。

 米メディアも絶賛の嵐となったが、大会に出場していた世界ランク4位ジャスティン・トーマス(米国)が「どんなコースでも関係ない」と賛辞するなど、全米に大きな話題となっていた。

 今回の「ショット・オブ・ザ・ウィーク」では5位ザンダー・ショーフェル、4位ビリー・ホースケル、3位ジョーダン・スピースに続き、2位にもジョンソンが3日目の同じ12番で放ったチップインイーグルが選出され、見事にワンツーフィニッシュを飾った。

 大会も通算24アンダーで今年初戦を圧勝したジョンソン。いきなり「ショット・オブ・ザ・ウィーク」に選出された好調ぶりで、2018年は大いに盛り上げてくれそうだ。(THE ANSWER編集部)