画像提供:マイナビニュース

写真拡大

カシオ計算機は1月10日、アウトドア向けのリストデバイス「PRO TREK Smart(プロトレックスマート)」の限定モデルとして、世界限定1,500個の「WSD-F20-WE」を発表した。3月16日に発売し、税別価格は51,000円。

WSD-F20-WEは、蛍石をイメージしたフローラフホワイトのカラーリングが特徴。蛍石は、アウトドアウェアなどの素材としても用いられる、鉱石の一種だ。WSD-F20-WEのフローラルホワイトは、「白」の上にクリア塗装を重ねることによって、鉱石が持つ深みある色彩に仕上げたという。バンドは黒のウレタンバンド。

基本的なスペックや機能は、ベースモデルの「WSD-F20」に準ずる。Android Wear 2.0を搭載し、1.32インチの2層構造タッチディスプレイは320×300ピクセル、防水性能は5気圧だ。GPSを内蔵しており、WSD-F20-WEだけでカラー地図と現在地の表示といった位置情報を利用できる。

加えて、WSD-F20-WEの発売と同時に、新しいウオッチフェイス「ジャーニー」も公開される予定。アナログ時計表示の背景に、現在地の地図を表示する基本デザインだ。スマートフォンとWSD-F20-WEを連携し、Googleカレンダーに予定と場所を登録しておくと、直近3件の予定と行き先の地図も表示できる。「ジャーニー」フェイスは、既存モデルのWSD-F20 / F20S / F20Xでも使える。そのほか主な仕様は下図(クリックで拡大)の通り。

※1 : カシオ計算機の独自試験

※2 : MIL-STD-810Gの試験についてはカシオ計算機のWebサイトを参照のこと