皆さん、凄い本が出ますよ。『どん二郎』の本が。

『どん二郎』とは、日清食品のカップうどん『どん兵衛』に少し手を加えると、あのデカ盛り系ラーメン店『ラーメン二郎』の味になるという衝撃的なレシピ。どん兵衛の斜め上なアレンジメニューとして、昨年ネットで大変な話題となりました。

あまりにも激しく話題になったものだから、なんと日清食品が特設ページを開設して便乗するほどの盛り上がりとなったのです。

どん兵衛からラーメン二郎へのラブレター|日清のどん兵衛
http://www.donbei.jp/love/

ガジェット通信・ノジーマ記者が制作に携わっていた

実はこの『どん二郎』、ガジェット通信のライターであり、マック赤坂さんのスマイル党の党員でもあるノジーマ記者がレシピ考案に携わっていたのでした。

ノジーマ記者はこれまでにガジェット通信でも食べ物アレンジ系の記事を定期的に執筆していて、最近では『大根おろしストロングゼロ』『カレー餅グラタン』などの記事を投稿。どちらも『Twitter』を中心にネットをザワザワとさせていました。

ストロングゼロに大根おろしを入れるとさらに幸せになることが判明! 果実感たっぷり完全体ストロングゼロの爆誕
http://getnews.jp/archives/2005069/ [リンク]

お雑煮や焼き餅に飽きたらこれ一択!「カレー餅グラタン」が超簡単&超激ウマ!
http://getnews.jp/archives/2003861 [リンク]

ノジーマ記者のレシピ本が書籍化決定!

ノジーマ記者は他の媒体などでもこっそりと奇特なレシピを考案、提供し続け、なんとついにレシピ集が書籍化されることが決定! その本こそが『世界一美味しい「どん二郎」の作り方 〜誰も思いつかなかった激ウマ!B級フードレシピ〜』なのです!

1月12日に宝島社から出版されるこの『どん二郎』本ですが、なんと昨年シリーズ累計15万部を超えるヒットとなった『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』シリーズで編集を担当した九内俊彦氏が『どん二郎』本でも編集を担当! ネタっぽいのにガチな感じが伝わってきます。

記者は一足先に『どん二郎』本を読ませていただきましたが、『焼きうまい棒』とか『どん兵衛グラタン』とか、料理とも呼べないような本当にバカなレシピばかりなのに、それをムダに綺麗に写真撮影しているものだから、どれもこれも不思議と本気でウマそうに見えてくるのです。一体なんなんだこの本は……。

簡単すぎて試してみたくなるレシピ集

昨今は男女問わずに料理ができないという人が増えているといいます。初心者向けのレシピ本を買ったはいいけど、作ってみようと思ったら案外面倒で挫折してしまったという人もきっと多いはず。

でもこのレシピ本なら誰でも遊び感覚で作れるようなレシピが60ネタ(数え方はあえて“ネタ”とさせていただきます)も収録されているので、もしかしたら本当に料理ができない人にうってつけのレシピ本なのかもしれません。だって「カップラーメンにうまい棒を入れる」とか、そんなレシピもありますからね。ほんと、誰でも作れますし、読むだけでも笑えます。

ぜひ一家に一冊、お買い求めされてみてはいかがでしょうか。結構マジでおすすめです。

『世界一美味しい「どん二郎」の作り方 〜誰も思いつかなかった激ウマ!B級フードレシピ〜』
野島 慎一郎(ノジーマ)

出版社:宝島社
発売日:2018年1月12日
定価:本体900円+税
160ページ / フルカラー

※料理画像は『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)より

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ピータン) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』