©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

1月11日(木)に放送される『徹子の部屋』に、15歳で劇団「新派」に参加し、今月で57年になる女優・波乃久里子が登場する。

©テレビ朝日

昨年、弟・中村勘三郎の孫たちが初舞台に立ち話題となったが、その勘三郎は他界してもう5年となった。

今も仏壇に手を合わせることが出来ず、弟の作品を観ては「姉」「弟」という言葉が出てくるだけで泣いてしまうという。

そんな波乃に、とっておきの秘蔵映像がある。それは当時4歳の勘三郎を取材した58年前のニュース。家で撮影された映像には自身や父の姿もあり、波乃は感激。

©テレビ朝日

また、キレイ好きで有名な波乃。整理整頓が行き届いた自宅の様子には目を見張るが、キレイ好きが高じ「紙袋でお出掛け」「家や楽屋で裸」など風変わりな私生活も明かされ、黒柳徹子は驚きを隠せない。

さらに、ある人と交わした“幻の結婚約束”や、弟・勘三郎が縁を繋いでくれたという山田洋次監督との秘話も語る。