ミスをしない人の脳は?

写真拡大

仕事においてミスはつきものです。大概の場合は、その場でカバーが可能なものですが、中には取り返しのつかないようなミスもあり、それは時として大問題となってしまいます。そんなミスはなぜ生じてしまうのでしょうか。

ミスをしない人の特徴

樺沢紫苑による『絶対にミスをしない人の脳の習慣 』(SBクリエイティブ)では、精神科医である著者の立場から、医学的な見地に基づいたミスについて考察しています。ミスをしない人の脳の構造に注目しており、ミスをしない人は脳のパフォーマンスが効率化され、さらに記憶をつかさどる「ワーキングメモリ」が多いということが解説されています。確かに、そうした状態であるならば、うっかり忘れてしまうといったこともないでしょう。

確認方法も紹介

さらに、ミスは確認不足から生じることもあります。物事を忘れないように脳に認識付けるにはどうすればよいのか。本書では気軽に使えるアウトプット方法や、確認方法などが紹介されていますので、すぐに実践できる内容となっています。

原因物質も

さらに、ミスを誘発する原因物質についても解説がなされており、それを出さないためにはどうすればいいのか、生活習慣の心がけ方についても記述がありますので、あらゆる人にとってためになる本になっているのではないでしょうか。